ゆーま

今Youtuberがどんどん一般人でも増えています。でも、会社員となるとどこか億劫な気持ちがあるんですよね。。

ししまる

そうなのか、わしは別になんとも思わんがのう。

ゆーま微笑

ししまるさんは特別ですからねー笑。でも今さらですが、「会社員でも顔出しすべき」と会社を辞めた僕が断言できます。その理由を今回まとめてみました。YouTubeでも解説しています↓

 

会社員でもYouTubeで「顔出しすべき」理由

以前はサラリーマンが身内を明かさない副業といえば、ブログや物販などが一般的でした。

しかし今では、昔はエンタメ中心だったYouTubeですが、現在では顔出ししている人の割合が多くなっており、

もはや今後は顔出ししないと稼ぐことができないのでは?というトレンドが起きそうな傾向です。

YouTuberは副業とは断言できない

YouTuberって今でこそ大きく稼いでいる人たちが取り上げられて、YouTube=稼げるになっていますが実はそう断言はできません。

そもそも収益化することは任意ですし、あなたが収益化されているかはバレません。

広告が出ている→収益化されているというのは、最終的にはYouTubeの中の人じゃないとわかんないですしね。

誰もあなたを見ていません(初期だけ)

よく考えると、こんなに競合が多いのにあなたのことを見ている人は誰もいません。

僕自身、一か月以上YouTube投稿しましたが周囲の誰からも反応はありませんでした。

 

またいい例として、有名YouTuberのもふさん(もふもふ不動産)ですが、登録者3万人までサラリーマンをされながらYouTuberとして活動されていました。

もふさんの場合は有名だったこともあり周囲にもバレたそうですが。笑

それでもYouTuberでは活躍し続けていたので、もふさんはサラリーマンYouTuberのお手本とも言えますね。

 

ちなみに、誰にも見られていない。

この現状にあきらめて、YouTuberは離脱していくのが多いといいます。

なのでここはメリットのようでデメリットなので、ユーチューバーとして確立するのであれば継続した動画投稿が必要ですね。

YouTubeの場合、よっぽどのファンがいるなどの場合は別ですが、まずは動画100本作ってからがスタートだといわれています。

収益化もハードルが上がりましたが、それもそもそも規模がなければ収益化なんて意味がありません。

まずはファンをどんどん作っていく事が大事です。

それでも顔出ししたくない場合

今後は顔出しがポピュラーになる傾向ですが(すでに海外では普通)、

それでも顔出しをしたくない場合、そんな場合でも、顔出しせずにYouTuberとして成功する道は存在します。

Vtuberなどがその代表的な例ですが、クオリティは必須ですね。

また、マスクなどで顔を隠す(ラファエルさん等)がありますが、それでも現在は飽和してきていて新鮮味がないようにも感じます。

顔出しナシは、あることはありますが、企画を面白くしたりキャラ立ちがいいなどの特別な理由が必要になってきます。

まとめ

まとめると、結論としては「サラリーマンは顔出しすべき!」となります。

自分の顔は、唯一の差別化になります。世界に誰一人として存在しません。

つまりそれだけで、オリジナルになるんです。

 

ゆーま微笑

人生攻めたもの価値です。いくらアイデアを頭で考えても、行動しなければ価値がゼロです。ぜひあなたも、あなたらしいやりたい行動があればすぐにとりかかってみるのがおすすめです。