セールスレターに使われている型で最も基礎となり効果のある、

クエストフォーミュラについて解説します。

a0af3f583c62acd87213e81a581471df_s

クエストフォーミュラとは?

クエストフォーミュラとは、セールスレターの構成要素を表した概念の一つです。

これでセールスレターが一通できてしまうものです。

また、英語圏でもっとも反応がとれていると言われるほど、基本的で絶対的なものです。

 

クエストとは、5つの構成要素の頭文字を取ったものであり、

フォーミュラとは型の意味です。

  • Qualify:(クオリファイ)
  • Understand(アンダスターンド)
  • Educate(エデュケイト)
  • Stimulate(スティミュレイト)
  • Transition(トランスティション)

この5つは、

人間が購買までたどりつく一連の流れを表しているものです。

 

セールスレターを書く際の「型」はこれ以外にもあるのですが、

クエストフォーミュラは「外すことがなく」、

かつ初心者の方に向いていると言われています。

 

初心者、上級者ともよく使う典型的な型なので、

しっかりと腑に落としていきましょう。

Qualify(クオリファイ)

ターゲティングの意味です。

何をするかというと、

レターを読んでもらう相手を設定します。

 

例えば、

「あなたの問題を解決するのは私です」

のように宣言することや、

 

「貴方の問題はこういうことですね。それは私にしか解決できません」

などと、読み手に対してはっきりと

大きな約束をしてしまうことです。

 

この約束は達成できることを前提にですが、

大きければ大きいほど効果的です。

 

そして、

どんな悩みを持った人に対して呼びかけているかを、

はっきりと宣言して認識させる事が重要です。

Understand(アンダースタンド)

相手の悩みに、理解、共感を示すことです。

 

「あなたの悩んでいることは、私も共感できる」

のように、ストレートに相手の理解をすることが効果的です。

 

共感された相手は、あなたに親近感を抱き、

これによってグッと距離が縮まります。

Educate(エデュケイト)

教育することです。

 

ここでは、

自分が提供している商品が素晴らしいか

を徹底的にアピールします。

 

ポイントとしては、

  • ユニークである
  • 他にはない
  • 助けになる

ことを取り入れていきます。

 

例えば、

「この商材は何ページもあって、動画もこんなにある。そして、電話でのコンサルや対面でのコンサルもこれくらいある」

「あなたはこれで悩んでいる。だから私は、こんな商品を持っている。」

などのように、商品が持つ役割や魅力をどんどん出していきましょう。

Stimulate(スティミュレイト)

興奮させることです。

 

これは、読み手に対するベネフィットを、

ただひたすら押していくだけでもOKです。

 

「この商品によって、あなたはこんなことができるようになります」

「ここがこのように良くなっていきます」

 

このように、相手にとってベネフィットになろうことを

どんどん出していきます。

出しきるほど出して下さい。

Transition(トランスティション)

行動させることです。

 

セールスレターの意味、使命であり、最終目標です。

 

「今すぐここをクリック!」

など、読み手に購入してもらう事です。

 

ポイントは、どんな行動をすればいいのかを、

明確に伝える事です。