それでは、コピーライティングを学ぶにあたり最も基本的な部分を話していきます。

基本的なものから段々と掘り下げて解説していくので、

順番的に見て頂ければと思います。

write

コピーライティングはこんなに重要

まずは、コピーライティングがいかに重要であるかをご説明します。

商品が売れるまでの課程は、基本的に以下のような流れです。

  1. 集客
  2. 教育
  3. 販売

これらのどの段階においても、コピーライティングの力は必要になります。

 

当然ですが、自分の考えを相手に伝えるためには、

言葉や身振りなどで行いますよね。

それがネットビジネスでは、ネット上を介して伝える事になります。

ですので、文章で伝えるスキルはかなり重要になってきます。

 

コピーライティングで勘違いされていること

また、これは勘違いされがちなのですが、

コピーライティングでは、小説のような「きれいな文章」は重要ではありません。

 

最も重要なことは、

いかに「テクニックとアートが組み込まれているか」という所です。

そして、最終的な目標が、

「読者の心を動かす」

事の達成であるのを見失ってはいけません。

 

意外ときれいな文章は自己満足で終わってしまいます。

確かにきれいな文章は見やすいのですが、

読者目線からすると、

  • いかに読みやすいか…×
  • いかに有益な情報か…○

なので、有益な情報の提供に重点をおいてライティングしていきましょう。

 

コピーライティングの大原則3つの書き方

ではこれkら、

本格的にコピーライティングのテクニック論に入っていきたいと思います。

まずは、原則である3つのポイントを説明します。

1.ワンメッセージ、ワンマーケット、ワンアウトカム

これは、

「1つのマーケットに、1つのメッセージを提供し、1つの出口を用意する」

と言う事です。

 

ポイントとしては、それも1つに絞るという事です。

これはもちろん大きなテーマでもかまいません。

ネットビジネスの場合、とある例で例えると、

  • ワンメッセージ…お金を稼ぐ
  • ワンマーケット…借金を抱えている
  • ワンアウトカム…このマニュアルを実行すれば解決できる

のような形になります。

メッセージを受けた方だって、一つの枝分かれしていない道筋があれば、

具体的で納得しやすいですよね。

 

2.恋人にラブレターを書くつもりで書く気持ち

あなたは大切な人に思いを伝えたい場合、

その人に伝わるように、真剣に考えますよね。

そして、悩みに悩みぬいて、文章を作ると思います。

 

実は、コピーライティングはその気持ちが原則なのです。

めんどくさいなどの気持ちで書いた文章には魅力がありません。

より心に訴えかける文章が、人の心を動かします。

 

また、ライティングの時に思い描く人は、次の人が有効だと言われています。

  1. 恋人(好きな人)
  2. 家族
  3. 自分自身

1.2が該当しない場合でも、3の自分自身に伝えるように書けば、

おのずと心のこもった文章になると言われています。

 

3.読み手が普段使っている言葉を使って描く

これは、読み手が普段使っているであろう言葉を使って書くという事です。

まず、基本としては日本の方に伝えるには日本語ですよね。

 

そして、標準語なのか、方言なのか、はたまた、

性別は男性か、女性か、年齢層は…?

などといったように、その状況で言葉を選んでライティングをしていく事が効果的と言われています。

 

もし、これらの区別がない、不特定多数の人にマーケティングをする場合は、

日本語の標準語である事がベーシックです。

 

次の記事→3つのノットを知る