WordPress

WordPressの「投稿」と「固定ページ」は何が違う?を解説

ワードプレスに記事を投稿するときに使う「投稿」と「固定ページ」の違いを解説します。
こたろー

WordPressの2種類の記事投稿方法

ワードプレスで記事を投稿する方法については、

「投稿」と「固定ページ」の2種類が存在します。

どちらも似た画面での投稿なのですが、その用途は事なります。

では、この2つがどのように違うのか、それぞれの違いを解説していきます。

投稿と投稿ページの違い

まずは下記の図を御覧ください。

toukoukotei

この通りなのですが、それぞれ「階層」が違っているのがわかります。

投稿ページは「カテゴリー」という1つのステップがあります。

そこから投稿へと分かれており、細かい区分けなどが可能です。

対して固定ページは、トップページから直接リンクされています。

ブログを書くなら「投稿」で書く

ブログ記事のように、ほぼ毎日更新していくようなものは「投稿」で書きます。

これにより、カテゴリーに様々な設定(例えば雑記、感じたこと、明日の目標とか)を追加できます。

継続して積み重ねていくコンテンツであるブログ向きですね。

またカテゴリーにより細分化されることは、閲覧者以外にもGoogleなどの検索AIロボにとって認識されやすいというメリットもあります。

固定ページでも書けなくはないのですが、

基本的にこちらは「プロフィール」や「sitemap」などの日常的に更新しないページに使います。

整理しやすい、見やすいブログにするためには投稿での作成が最適です。

では、それぞれの記事作成ページの特徴について説明します。

「投稿」が向いている記事

投稿ページはどのようなページに向いているかというと、

先程いったように以下の通りです。

  • 日々の記事
  • 他のページとの関連があるもの
  • タイムリーで変動的なもの

積み重ねていく記事を書くという時には、投稿での記事作成がお勧めです。

それに関連し、投稿にはカテゴリーという項目分類が出来る事が特徴。

僕のサイトだとこのような感じです。

記事投稿画面より、編集できます。

kate

「固定ページ」が向いている記事

固定ページは主に下記のようなページ作成に向いています。

  • サイトマップ
  • プロフィール
  • お問い合わせ
  • 特定商取引法
  • 免責事項

これらはあまり他のページと関連のない、独立しているページへの構成に向いています。

固定ページで作成すると、そのURLもトップページの下の階層に直接入ります。

上記のように、サイトに必要になる固定的なページ向けと言えるでしょう。

ちなみにこのサイトは、これまでに説明した内容のとおりに分けて構成しています。最初はなれないと思いますが、これら2つのページを使い分けることでブログの管理がしやすくなります。実際に書く管理画面はほとんど変わらず操作も楽ですので、まずは徐々になれていくことがおすすめです。
こたろー
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
こたろー

こたろー

1人で世界に1000回以上輸出したネットショップのプロ。ブログは僕が 「ネットで野菜を売りたい」を解決するために調べた事をまとめています。月100万円くらい稼いでたブログとせどりアカウントを8ケタ売却→農業に投資。

-WordPress