ゆうま

このページでは「YouTubeを撮影するのにおすすめの機材」を解説します。

撮影は基本的にスマホで事足ります!

機材ということで紹介しますが、
正直今のスマホは高性能ですので、
基本的にスマホでOKです。

 

YouTubeはフルHD画質(1,920×1,080、207万3,600画素)でほとんどが再生されるので、
基本的にスマホで見て遜色ない映像なら大丈夫です。
音声も聞こえが良ければ大丈夫です。

 

ただ、それでももっと「映像、音」にこだわりたい!
という場合のみ、僕も使用している、
おすすめの機材があるのでご紹介します。

 

音・映像にこだわりたい方向けおすすめ機材

今はスマホで事足りると言いましたが、
それでも品質的にはまだまだ専用機器が高性能です。

 

なので今回は、実際に弊社でも使っているYouTube撮影に特化した、
おすすめ機材を紹介します。

 

さらに「映像」にこだわりたい方

まず映像ですが、このカメラが非常に使い勝手が良いです。

 

これはソニーのVLOGカメラというもので、
いわゆる「自撮り」に特化したモデルです。

 

なので、電源を入れるだけで焦点距離やピント合わせ、
露出などを自撮りに適合した形にしてくれます。

 

実際に外でレポートなどの動画撮影をするときには、
グリップを使うとかなり使いやすいです。

 

手ブレ機能もついてるので映像も安定しています。

グリップとセットのタイプがおすすめです。

さらに「音」にこだわりたい方

YouTubeでは、正直いうと映像よりも「音」の方が重要です。
映像が綺麗でも、言ってることがボソボソしてる動画を見たことがあるかと思いますが、
あまり伝わってこないのではないでしょうか?

 

音量が1番大事で、次にクリアな「音質」という順序になると思いますが、
そこでのおすすめマイクを紹介します。

 

これがこちら、海外のポッドキャスターでは定番中の定番↓

 

これはUSBマイクというタイプで、USBでPCなどの機器に繋げて使います。

 

ちょっとサイズ的には大きく感じると思います。

 

このマイクの何がいいのかというと、
一言で言うと、安いのに高性能すぎと言うことです。
なぜなら、まず、このマイクは1つだけで4つのパターンの録音が可能です。

 

これを「指向性」と言うのですが、例えば、
自分1人で使う場合には、自分の面だけからしか録音しない、
対面で2人で使うときには、対面の方向からしか録音しない、などです。

 

これによりノイズを防ぎます。

 

 

あとは音質もとてもクリアで問題ありません。
唯一の欠点あればデカくて重いくらいです。


ゆうま

記事は以上です。お疲れさまでした。