ゆうま

テレワークも普及して今はインターネット上でビジネスを行う機会がかなり定着してきました。そうなると場所を問わないので「ほどよい」田舎が実は最強です。今回は田舎でビジネスを行うメリットデメリットをまとめました。

ネットビジネスを田舎で行うメリット

田舎だからネットビジネスはむいてないんじゃ…、
なんて考える人がいたら、
それは大間違いであると言いたいです。

 

僕は田舎こそ
ネットビジネスで最大限のチャンスがあると思っています。

 

その理由を3つ、僕の視点でまとめてみました。

 

1.市場を独占できる

あなたは田舎だからネットビジネスができない
なんて思っていませんか?
それは非常に大きな間違いです。

 

考えてみてください。
あなたの地元から、ネットビジネスで情報発信している人を見たことがありますか?
田舎暮らしの場合、それはないか、または極端に少ないことでしょう。

 

でもそれって、チャンスじゃないでしょうか?

 

なぜなら、
「その地区からネットビジネスを発信している」
という市場をあなたが独占できるのですから。

 

地区の情報を交えて、そこから情報発信ができる。
これは、世の中に多くいるトップアフィリエイターよりも、
あなたでなかれば出来ない事ですよね。

 

これからは情報ビジネスがより加速していくので、
その最先端を田舎であなたが居座る事のできるチャンスは
すでにもう目の前に広がっています。

 

2.落ち着いて作業ができる

これは田舎が好き・都会が好きという点で分かれると思うのですが、
僕は人がごみごみしている都会があまり好きじゃないので、
田舎での生活のやりがいを感じています。

 

その環境でネットビジネスをしていると、
やはり精神的にも落ち着いて効率の良い作業ができます。

 

特にふらっと、
ネットとはかけ離れた大自然の中でライティングしていると、
すこぶる作業がはかどったりします。

 

3.目の保養が出来る

緑の色は、人間にとって気持ちを穏やかにし、
リラックスさせる効果があります。

 

なので、
パソコンの画面を見っぱなして付かれている目を、
やさしく保養することができます。

 

よくテレビゲームなどでは、
1時間に15分の休憩をとりなさいと注意喚起していますが、
それは目を酷使したことにより、目の休息のために行いますよね。

 

その時にただ目を休めるだけではなく、
緑の癒しの色を見ることで
リラックス効果を数倍に高めることができます。

 

のどかな田園風景でも、
目の前に広がる海や、
透き通るような湖など、

 

パソコンの画像検索などでは得ることのできない、
ヒーリング効果が実物にはあります。

 

数年後の健康状態も考え、
しっかりと手を休めるところは休めていきたいですね。

 

ネットビジネスを田舎で行うデメリット

デメリットについて感じるのが、やはり交通の面です。

 

例えば、
セミナーなどはほとんどの場合、ある程度の都市で開催されるので、
そこまでに遠いという面があります。

 

交通料金に関しては、
ビジネスの経費などから落とせるのですが、
ビジネスマンにはそれ以上に時間が大事。

 

交通費ではなく、
移動時間がかかるというデメリットはあります。

 

ですが、その移動時間を有効活用することで、
そのギャップは埋めれますので、
上手く使うかどうかでカバーできるところです。

 

また、ビジネスを営んでいる人が多く集まる都会では、
ビジネスパートナーなどに気軽に、
迅速に会いに行けるという事もできますね。

 

やはりこういった所を重視したい人であれば
都会でのビジネスがおすすめと言えるでしょう。

 

結局どこがビジネスに適しているのか?

ネットビジネスは田舎がおすすめだと主張してきましたが、
結局どんな場所が一番いいのかというと、
1番は自分が一番リラックスできる場所です。

 

作業がはかどる事が目的に沿っているので、
それが一番にかなえられる場所が良いです。

 

皆さんもネットビジネスを効率的に行える場所を見つけて、
日々の作業を頑張りましょう。

 

ゆうま

田舎であれどこであれ、ネットを使ったビジネスを行うのであれば「集中できる環境」が最も大事です。今からでも身の回りを整理してリラックスできる環境を整えると、その場で集中できる空間ができあがりますよ。