ゆうま

株式投資でおなじみの株ですが、意外とその性質まで理解しているという人は少ないです。今回は株の「仕組み」をテーマに、初心者向けにわかりやすく解説していきます。

株を一言で言うと…

株を一言で言うと「会社のオーナーになる」と言うことです。

一般的な会社には社長さんがいて会長さんがいて、だったりしますが、それとオーナーはまったく別物です。

この違いについては、次でより詳しく解説していきます。

株主と社長(経営者)との違いは?

社長といえば、会社で一番偉いイメージです。

でもそれは、経営上で「社員から見たら」偉いだけであって、実際には出資している株主の方が立場が上です。

なぜなら株式会社は、株主のおかげで存在しているからです。

 

では株主と社長の違いとは一体何か?

それは、経営権があるかないかです。

社長は株主総会と言う会議で、選任されて2年の任期で会社を経営していきます。

上場とは?

株式会社は、規模が大きくなってくると上場という選択をする場合があります。

上場とは、株式市場で株を一般公開することで、上場することで多くの資本金を集めることができます。

なぜ会社は上場するの?

上場は多くのメリットをもたらします。

  • 社外からのイメージアップ
  • 人材が集まりやすい
  • 社内の士気向上

などなど。

 

うちの会社は上場している、なんて言ったらなんかかっこいいというか、信頼感が増しますね。

実際にこのようなイメージ戦略で上場を図るというのも一つのやり方です。

実際に上場をして爆上げした企業例

スマホゲームのパズドラで有名なガンホーオンラインエンタテイメントは、上場後しばらくしてから株価が一時100倍ちかくまでなったことで有名です。

IPO時から保有していれば、じつに68倍。。

仮に30万円投資していたとすると、なんと2,040万円にもなっていたということになります。

 

 

実はこのようなことは株式市場ではたびたび起きています。

このような波に乗るために大事なことは、新規上場する、したばかりの会社の経営状態をしっかり分析し(ファンダメンタル分析)、

これだ!と思える企業に投資をすることです。

そして自分の信念をもって、保有を続けるということが大事です。

株を買うために必要なものとは?

今あなたが、銀行口座だけ持っていて、ほかに何もない状態で株を買う場合には、以下のものが必要になります。

  • 証券会社の口座
  • 資金(10万円程度)

この二つがあれば、仮に未成年だとしても株を購入することができます。(一定の条件があります。詳しくは上の図を参照)

 

また、株は急にチャンスがやってくるので、それらにすぐに対応するためには、ネットバンクがおススメです。

店舗に行って送金して、などとなると、かなりタイムロスになってしまい、結果株取引のチャンスを逃してしまいます。

 

おススメの口座は楽天銀行です。

楽天銀行は、同じ楽天グループの楽天証券とも連携でき、スピーディーな送金で株取引のチャンスを逃しにくいです。

またこれが最大のメリットなのですが、楽天銀行に保管している資金の利息を、楽天証券と連携させることで0.1%までに引き上げることができます。

今の低金利時代、0.1%の金利は他にありません。

仮に1,000万円を預入しているだけで1万円の利息収入になります。

「株についてわかりやすく」の大事なことまとめ

株の取引は、まずは少量でもいいので打診取引をして相場に参入した感覚をつかむことが大事です。

僕も最初に株を買ったときはワクワクというか、変な感じがしました。

しかしこれで、株主として自分が企業のオーナーになったんだといううれしい気持ちもありました。

ゆうま

あなたが日々使っている商品やサービスなど、あなたが詳しくて納得のいく会社の株を保有するのはおすすめです。かの有名なバフェット氏も、自分が詳しい企業に投資しろと言っていますしね。


ししまる

株は奥が深いのう。YouTubeでも詳しく解説しておるぞ↓