ゆーま

物販では基本、新品を扱うか中古品を扱うかでスタンスが変わってきます。では、カメラ転売の場合は一体どちらが向いているのか?解説していきます。


動画でも音声解説しています↓

カメラ転売では新品と中古、どちらが向いてる?

物販は大きく分けて、新品と中古品の2つに大別できます。

しかし、それぞれの持つ性質は異なり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

それぞれのメリット

新品のメリット

  • クレームが付きにくい
  • 回転が速く売れやすい
  • 仕入れが簡単

中古品のメリット

  • 新品に比べて大きな利益を得られる
  • 希少価値を持つ商品がある
  • 格付けによりライバルに差をつけられる
  • 様々な方法で仕入れられる

それぞれのデメリット

新品のデメリット

  • 価格競争になる
  • 新規参入がされにくい
  • 大きな利益を得にくい

中古品のデメリット

  • 状態が悪い商品がある
  • クレームが新品に比べてつきやすい
  • 商品知識が必要になる

よく物販を始める場合、中古品を毛嫌いし、新品に注目してやりたいと希望する方が多いです。

その理由としては、やはり中古品だと状態が一定じゃないため、クレームの付きにくい新品が望ましいという理由です。

 

しかしカメラ転売においては、絶対に中古品をメインにやっていくことをお勧めします。

新品は仕入れにもよるのですが、剥離多売になり、利益を得られないことが多いです。そもそも稼ぎにくいです。

 

カメラ転売はほかの物販ビジネスとは違う特徴があります。

それは商品知識です。

商品の知識がなければ最適な仕入れができません。

 

僕が別にやっているYouTubeでは、実際に僕が仕入れた商品の検品動画などを日々アップしています。

近日アカウントを公開するのでぜひご覧になってみてください。