ゆうま

Googleの検索エンジン向けのサイトマップ作成プラグイン
「Google XML Sitemaps」の設定方法・使い方について解説します。

Google XML Sitemapsの導入

このプラグインを導入することについては、以下のような効果が期待できます。

 

  1. Googleがサイト全体を読み取りやすく、SEOに良い
  2. 更新を通知することで、定期的なクロールが期待できる

 

このように、Googleなどの検索エンジンに対しての
効果が期待できるプラグインです。

 

それでは、さっそくGoogle XML Sitemapsの導入方法を見てみましょう。

 

まずは、管理画面より、
→新規追加→Google XML Sitemapsを検索し「いますぐインストール」をクリック

gxml1

 

インストール後「プラグインを有効化」をクリック。

gxml2

これで導入は完了です。カンタンです。

 

Google XML Sitemapsの設定

管理画面の設定より「XML-Sitemap」をクリック。

 

管理画面が開きます。

gxml3


写真の状態がデフォルトのままですが、基本的にいじる必要はありません。
その中でも、
「ここはやっておいた方が効果的」
というポイントだけ解説します。

 

  • ○○に開始されたpingの結果…その名の通りpingの送信結果
  • 基本的な設定…デフォルトでGoogleとBingがあるので変更不要

 

 

ここも基本、デフォルトのままでOKです。

gxml4
  • 追加ページの設定…ワードプレス以外にブログあれば設定するが、一般的にはないでしょう。
  • 投稿の優先順位…投稿記事をサイトマップ格付けする際の優先順位。コメント数か平均コメント数などで選択できる。

 

 

ここも色々ありますが、デフォルトのままでOKです。

gxml5
  • SItemapコンテンツ…Googleに送信する項目に含めるコンテンツを選択。
  • 含めない項目…Googleに送信しないカテゴリーを選択。

 

次の画面は、クローラーというGoogleロボットの更新頻度なので以下のように設定します。
「このくらいの頻度でサイトを見にきて」
とアピールするものです。

gxml6

  • 更新頻度の設定…ブログの各項目について、Googleがクロールを行う目安を提示するもの。なので、これを選択してもGoogleがその通りにクロールしていくとは限らない。
  • 優先順位の設定…各項目について、クロールの優先順位を決めていくもの。数字が大きいもの順に優先されていく。

 

以上までが、Google XML Sitemapsの導入・設定の方法になります。

 

【注意!】サイトマップには2種類がある

サイトマップはその名の通り、サイトをマッピング(地図)にしたもので、
どこにどんなカテゴリーがあるのか?
というところを示したものです。

 

これまで説明したXML Sitemapsは、
この案内をGoogleのAIに向けて発信しています。目的はSEO対策。
なので人間の視覚的なところではほとんど意味のないものです。

 

なので人間向けに、
「どこにどんなカテゴリーがあるの?」
これを視覚的に示してくれるのがもう一つのサイトマップです。

 

今回のAI向けのサイトマップだけではなく、
人間むけのナビゲートもしっかりと行いましょう。
↓以下の記事で解説しています。

ゆうま

人間むけのサイトマップ作成プラグインについてはこちら↓

サイトマップを作成するWordPressプラグイン「PS Auto Sitemap」の設定方法