ゆうま

「人間向け」のサイトマップを簡単に作成できるWordPressプラグインについて解説します。シンプルかつとても見やすいのでおすすめ!


サイトマップとは、
ウェブサイト上にどこになにがあるのかを示すもので、
名前の通り、ウェブサイト上の地図の事です。

 

このサイトマップを設定しておくことは、SEOとしても効果があり、
また閲覧者をスムーズに導く事で有効であると言われています。

 

今回はそんなサイトマップを作成できるワードプレスのプラグイン
「PS Auto Sitemap」の設定方法について解説していきます。

サイトマップには「2種類」ある

サイトマップには種類があります。

 

  1. 人が画面上で見るもの
  2. コンピューターが認識するもの

 

今回の「PS Auto Sitemap」は、1の「人間用」のものです。

 

また、コンピューターが認識するというのは、
検索エンジンにインデックスさせることを目的に作るものですが、
それには「Google XML Sitemaps」をいうプラグインがあるので、
これについては別記事で解説しています。

Google XML Sitemapsの設定方法と使い方

PS Auto Sitemapの設定方法

プラグインPS Auto Sitemapの導入・および設定方法について解説します。

 

このプラグインは、サイトを訪れた方に向けての「道しるべ」のようなものです。
その名の通り、サイト全体を解説するものです。

 

それでは早速インストールしてみましょう。

 

管理画面より、
プラグイン→新規追加で「PS Auto Sitemap」をインストールし「有効化」

psauto1

psauto2

 

管理画面にもどり、固定ページを新規作成します。
タイトルには「サイトマップ」などのわかりやすい名前をつけましょう(何でもいいです)

psauto3

 

固定ページの「ID」をメモします。
IDの調べ方は、一覧表示で、作ったページにカーソルを当ててるとリンクで出てきます。
以下の赤枠部分がIDです。

psauto4

この場合のページIDは「15」になります。

 

続いてPS Auto Sitemapの設定画面に戻り、先程のIDを入力します。
あとは簡単なデザインなどの編集もここでできます。

psauto5

設定が終わったら「変更を保存」します。

 

その下の部分に以下のようにコードが反映されているので、
これをコピーします。

psauto6

 

コピーが終わったら、先ほど作った「固定ページ」にコードを貼り付けします。
※テキストエディタで貼り付けましょう。

psauto7

 

ここまで出来れば、PS Auto Sitemapでのサイトマップ作製は完了です。

 

もしデザインなどの設定を変更したい場合などが後から出ても、
設定画面で編集できますので、
自分好みのサイトマップに仕上げましょう。

ゆうま

サイトマップはユーザーから見られる頻度はすくないものの、サイトがしっかり整理されているのであると便利です。SEOを意識するなら必須ですね。
また、もう一つのサイトマップ(Google等のAI向け)の作り方は下記の記事で解説していますので合わせてどうぞ!

Google XML Sitemapsの設定方法と使い方