wpbu

wordpressを利用して、
サイトを構築していくにつれて重要になっていくのが、
サイトのバックアップです。

 

大半の人がレンタルサーバーでサイトを運用していると思われますが、
万が一それらサーバーのデーターが消えてしまった場合、
せっかく丁寧に作り上げてきたサイトがおじゃんになってしまったら…、
考えられないほどにショックですよね。

 

最近ではサーバーでバックアップを取ってくれる所も増えましたが、
やはり「自分のサイトは自分がしっかり保存したい」と思います。

 

形のないデーターだから、
その保存はしっかりしておきたいですよね。

 

そこで、最近サーバーを移転した時に使った、
ワードプレスのバックアップ方法について、
僕が実際に試した3つの方法をまとめてみました。
(試す場合は、あくまで自己責任でお願いします。)

 

ワードプレスの構成要素

ワードプレスは、主に2つの要素で構成されています。
それは、PHPとデーターベースです。

 

では、それらが具体的にどのようなものなのかを見て行きます。

PHPで構成されるもの

  • テンプレート
  • ページのデザイン
  • プラグイン
  • 画像

データベースで構成されるもの

  • 記事
  • 各種設定

このように、PHPとデータベースの2つが揃って、
ワードプレスが構成されます。

 

それに伴い、
バックアップについても、
それぞれ個別に取る必要があります。

 

今回はデータベースのバックアップ方法
についての説明になります。

 

PHPのバックアップについては、
FTPソフトで行う事ができます。
方法は、ダウンロードするだけなのでとても簡単です。

 

PHPmyadminを使ったバックアップ

では、あえて一番難易度が高いバックアップ方法から説明します。
その方法とは、ワードプレスで作ったサイトであれば持っているであろう、
データベースを管理している「PHPmyadmin」を操作するものです。

 

正直、初心者向きではないこの方法ですが、
今回はデータベースについて説明するためにあえて最初に書きます。

 

データベースを理解していると、
バックアップ作業で実際に行っている作業がイメージしやすく、
他のバックアップ方法でも「ああ、このことをやっているのか」と理解できると思います。

 

 ①PHPmyadminにログイン

PHPmyadminにログインする方法については、
レンタルサーバーによって異なります
詳しくは、ご使用のサーバーのサポートなどでご確認ください。

DB1

ログインしたら、データベースを選択します。
すると、以下の画面に切り替わります。

 

 ②データベースをバックアップする手順

ここではデータベースが一覧表示されているので、
まずは関連のある項目について説明していきます。

DB2

大体ざっくり説明すると上の画像のような感じです。
ちなみに各項目の詳細については、
「操作」行の一番左のアイコンで確認できます。

 

このように、
データベースでは各項目が、
種類ごとに分かれて格納されています。

 

さて、話はバックアップに戻ります。
この画面では、右側にチェックを入れる個所があるので、
全てにチェックを入れて、「エクスポート」タブをクリックします。

 

すると、以下の画面に切り替わります。

DB3

この画面で行う作業は、下記の通りです。

  1. 左上の書くデーターベースがすべて選択されていることを確認。
  2. SQLを選択
  3. gzipでファイルに保存
  4. 「実行する」クリックでファイルをダウンロード

以上で、データベースのバックアップは完了です。

 

③バックアップしたデータベースをインポートする手順

では、これまでの流れで取り出したデータベースを、
今度は再度インポートする手順をご紹介します。

  1. PHPmyadmin「構造」タブで、インポートするファイルと同じデータベースを削除
  2. 「インポート」タブを開き、ダウンロードしたgzipファイルを選択
  3. 実行するをクリックしてインポート完了

DB4

以上でインポートは完了です。

 

【おすすめ】プラグインでバックアップを自動化

バックアップの中でも、一番お勧めするのが、
プラグインによるバックアップです。

 

プラグインを使った方法では、
上記のデーターベースのバックアップなどを、
スケジュールで自動的にメールで送ったりしてくれます。

 

中でもおお勧めなのが、WP-DB-Backupというプラグインです。
(具体的な使用方法については、今後記事を作成します)

 

WordPress管理画面でバックアップを作成

この方法は、ワードプレスの管理画面でバックアップを取るものです。

 

特別にプラグインをインストールするなどの必要がなく、
容易にデータベースのバックアップをとれる事が特徴です。

  1. 管理画面→ツール→エクスポートを開く
  2. すべてのコンテンツチェック
  3. エクスポートファイルをダウンロードをクリックし、任意の場所にダウンロード

DB5

 

自動でバックアップを取ってくれるレンタルサーバー

また、レンタルサーバーによっては、
自動的にバックアップを取ってくれる所もあります。

 

僕も使っているエックスサーバーでは、
毎日定期的にバックアップを取ってくれるので、
何かトラブルがあった時などでもとても安心です。

 

自分がせっかく一生懸命に作ったサイトだからこそ、
バックアップは何重にもしておいて損はないですよね。

 

また、最近はサイト改ざんなどの被害も結構聞くので、
よりこまめなバックアップや、ブログ本体・レンタルサーバーなどの
セキュリティにも注力していきたい所ですね。