gazou

画像を装飾すると、ブログの見栄えも良くなって
それだけでブログ全体に高級感が出ます。

では、Wordpressで画像に枠付けなど豪華にしたい場合に
おすすめのプラグイン3つについてご紹介します。

Easy FancyBox

このプラグインでは、画像に枠をつけることができるほか、
クリックしたときに「ポンっ」と出てくるような
効果をつけることができます。

その他にも、その動きの設定や枠の色など、
様々なカスタマイズができるので、
画像の装飾にこだわってみたい人にはぜひおすすめのプラグインです。

gazou1

●ダッシュボード→プライグイン→新規追加→Easy FancyBoxでインスト―ル

 

shadows

shadowsは、画像に影をつける事ができるプラグインです。

使い方は簡単で、
挿入した画像のHTMLに、クラス設定をするだけです。

【クラス設定の例】

通常の画像挿入タグは「<img src=”画像のURL” art=”●●●”>」ですが、
クラス設定をする場合は「<img src=”画像のURL” art=”●●●” class=”shadow_curl”>」
のような形になります。

shadowsで使えるクラスはこちらです。

  • shadow_curl
  • shadow_flat
  • shadow_osx
  • shadow_osx_small

この4つのクラス設定で影の向きなどが変わりますので、
是非お好みのものに試してみてください。

gazou2

●ダッシュボード→プライグイン→新規追加→Shadowsでインスト―ル

 

画像に枠線をつける方法

画像に枠線をつける方法については、
プラグインがなくてもできます。

その方法は、画像編集のライブラリ画面で出来ます。

例えば、この画像はデフォルトですが、

yahoomail

 

これに枠線をつけるとこのような感じになります。

yahoomail

 

画像に枠線が付きましたね。

この方法は、画像「img」タグに、
「style=”border: 1px solid black;”」という文字を追記したからです。

このように、タグを入力することで
画像に枠線をつける事ができます。

ですが、先ほどもあったように、
いちいちタグを入力するのは面倒ですよね。

そんな時のために、AddQuicktagを活用して、
作業を効率化させていきましょう。