kanren

ブログなどを読んでいると、記事の最後などに、
「この関連記事はいかがでしょうか?」
のような表記を見たことがないでしょうか?

これがあると大変スムーズに、
今まで読んでいた話題に関連した情報を
収集することができますよね。

そんな関連記事の作成方法ですが、
ワードプレスで作ったサイトでは、
プラグイン1つで簡単に表示させることができます。

では、そんな便利なプラグイン
「WordPress Related Posts」の使い方について解説していきます。

WordPress Related Postsの使い方

1.プラグインのインストール&有効化

wrp1

2.WordPress Related Postsの設定(1/3)

wrp2

①「こちらの関連記事は~」のような、関連記事表示欄のタイトル

②関連記事を表示する記事数

③下のテーマを有効にする場合はチェック

④レイアウトを選択。右にプレビューが表示されるので見ながら選択

3.WordPress Related Postsの設定(2/3)

 

wrp3

⑤カスタマイズ項目(上から順番に説明します。)

  • サムネイルを表示する場合はチェック
  • コメント数を表示する場合はチェック
  • 記事作成日を表示する場合はチェック
  • 記事抜粋を表示する場合はチェック
  • カスタムCSSを適用させたい場合はチェック(下記入欄にCSS記入)

⑥画像のない記事の場合に表示させる画像を選択。

⑦カスタムしたサムネイルを使用したい場合はチェック。

少し難しいですが、よほど凝ったカスタマイズをするなどの場合以外は、
基本的に画像のまま(デフォルト)の設定でいいです。

4.WordPress Related Postsの設定(3/3)

wrp4

⑧含めないカテゴリーにチェック

⑨各種設定(基本このままでOKです)

以上で設定完了です。

WordPress Related Postsでの表示画面

wrp5

このような表示になりました。
ちなみに、これまでの設定画面のままだとこんな感じで表示されます。

これで一気に見栄えが良くなるうえに、
読者にも関連記事を紹介できて一石二鳥ですね!

使い勝手がいいこのプラグイン、
是非試してみてください。