wtp

ワードプレスで記事投稿した際に、
その記事を連動してツイッターでつぶやくことができる
便利なプラグイン「wordtwit」について、導入~設定の方法と、
使い方について解説していきます。

なお、このプラグインはTwitterアカウントを持っている事が
前提になります。
まだTwitterアカウントを持っていない方は、
下記記事を参考に取得してから設定していきましょう。

【記事】Twitterアカウントの作成方法や使い方を説明

Wordtwitの設定方法の手順

Wordtwitは、Twitter側のアプリケーションを作成したりと、
Twitter側でも設定するものです。

若干複雑ですが、手順をすべて載せて、
これを見ながら行えば設定できますので、
最後までどうぞご覧ください。

1. Wordtwitをインストール&有効化

wttp1

2.Wordtwitの設定を開く

有効化すると、管理画面の左バナーにアイコンができます。

twit2

 

3.最初は英語なので、「options→general」でまずは日本語化にする

 

 

wttp3

 

 

4.概要タブをクリックしてTwitterアカウントをクリック

wttp4

 

5.Configure on Twitter Nowをクリック

 

wttp5

 

6.Sign inをクリック

wttp6

 

7.Twitterにログインし、「Create New App」をクリック

wttp7

 

wttp8

 

8.アプリケーション作成に必要な各項目を入力

ここからが入力が多い画面になります。
入力の際のポイントを下記に解説していきます。

wttp9

  • Name…名前を入力。基本何でもよいが、Twitter側に提示するものなので注意が必要ビジネスやかけ離れた名前はNG無難なものは、「アカウント名+日付」など。
  • Description…このアプリケーションの説明。自分がわかるものでOK。何がいいかわからない場合はNameと同じでもOK。
  • Website…連動させるサイトのURLを入力。
  • Callback URL…Websiteと同じURLを入力。

wttp10

 

同意にチェックを入れて、「CreateyourTwitterapplication」をクリックして登録完了。

9.アプリケーション管理画面に入るので、Permissionsをクリック

wttp11

 

10.Read and Writeを選択し、設定をクリック

wttp12

 

11.Keys and Access Tokensタブをクリックし、APIキー・APIシークレットを確認

APIキー・APIシークレットは、後ほど設定で使うので確認します。
また、この前に設定したAccessが「Read and Write」になっているか確認します。
(※一度ではRead and Writeの変更が反映されない例がありました。
この場合、何回か設定すれば変更が反映になるようです。)

wttp13

 

12.WordpressのWordtwit編勇画面に戻り、APIキー・APIシークレットを入力

wttp14

 

13.概要タブで、Twitterアカウントをクリックしてアカウントを追加させる

wttp15

 

 

アカウントを追加をクリックwttp16

 

連携アプリを認証をクリックする

 

wttp17

 

14.導入の設定はこれで終了。アカウントが結びついているか確認する。

Twitterアカウントが「共有済み」となっていればOKです。

wttp18

 

以上で設定は完了です。お疲れ様でした。

Wordtwitの使い方

WordTwitの使い方ですが、
ワードプレスで記事を更新させると自動的に投稿になるので、
使い方というよりは設定でほとんどが決まります。

まあ、ただ記事を書くだけでツイートされるんですから、
ツイートする手間が省けて一石二鳥、
すごく便利ですよね。

では、実際に投稿される「ツイート文」の設定方法を見ていきましょう。

Wordtwitを使ってツイートされる文章の設定

管理画面→オプションより下記の赤線個所を選択して設定します。

wttp20

 

 

ここで、どのようなツイート内容にするかを設定でき、
選択肢はいろいろあるのですが、
オリジナルで作成したいって方にはカスタム設定をお勧めします。

  • title…そのなの通り記事タイトル
  • link…記事URL
  • hashtagus…タグをハッシュタグに変換する

などなどです。

ちなみに、投稿画面ではこのように表示されます。

wttp21

ここで公開済みとなっていればツイートされているという事です。

また、今すぐ公開をクリックすると、再度ツイートができます。