adsense

アフィリエイトを行っていくには必須のツールともいえるGoogleアドセンス。

アドセンスはトレンドアフィリエイトをはじめとした、
アフィリエイトの仕組みとしては有名であり、収益性が高いものです。

そんなGoogleアドセンスを使うには、
まずは自身のサイトを登録しなければなりません。

さらに、
お金に関係があるものなので、
掲載できるサイトであるかどうかの審査がGoogleより行われます。

当然変なサイト等はこれではじかれるのですが、
Googleアドセンスでアフィリエイトを行っていこうとする場合、
まずはこの壁を突破しなければいけません。

そこで今回は、
Googleアドセンスの登録~審査までの手順について解説していきます。

当記事を参考にして、
アドセンスアカウントを作成していきましょう。

グーグルアドセンスの登録・審査の前に

まず、Googleアドセンスを申請するにあたってですが、
自分の媒体(HPやブログ)がある事が必須となります。

まずはこれらを準備の上、
審査を受けなければ
アドセンスを使う事ができません。

ですので、
現在媒体を持っている人はそのまま申請出来ますが、

まだ媒体を持っていない人については
ある程度の媒体を作成した上で、
グーグルに申請を出すことになります。

審査を通過できる媒体の目安については、後ほど記述します。

それでは、
アドセンスの登録・審査方法(1次審査)について解説していきます。

グーグルアドセンス一次審査の手順

1.アドセンストップページより確認して審査項目を入力

アドセンス登録ページに行き、今すぐ開始をクリック

adsense1

 

2.グーグルアカウントでログインをクリック

グーグルアカウントでログインするをクリック

アカウントを持っていない場合は、右の新しいアカウントを作成するをクリックして登録してください。
登録手順は、下記記事でご確認ください↓
ネットビジネスの第一歩目!Googleアカウントの作成方法

adsense2

3.自分のサイトまたはブログ(審査用)のURLなどを入力

adsense3

 

4.各項目を入力して、1次審査の申請完了

連絡先情報などを入力します。

adsense4

以上で、アドセンスの一次審査は完了です。

一次審査の結果については、
早ければ数時間ほどでメールで通知されます。

次は、一次審査経過後の
二次審査の手順について解説していきます。

グーグルアドセンス二次審査の手順

二次審査では、
実際に申請サイトにアドセンス広告を表示します。

下記手順に沿って広告を作成しましょう。

1.広告ユニットを作成・発行

新しい広告ユニットをクリック

adsense5

広告ユニットの名前や形が選べる

adsense6

名前や形については、好みのものでOK!
そしてコードが発行される。

adsense7

発行されたコードを、
今度は申請したサイトに張り付けていきます。

2.広告ユニットを申請サイトに貼り付け

実際に貼り付けを行いますが、
貼り付ける数については1つでOKです。

なお、
グーグルアドセンスでは規約として、
1ページに3つまでしか貼り付けが出来ません。

他にも様々な規約があるので、注意が必要です。

さて、これから実際に
媒体への広告設置を行っていくのですが、
今回はワードプレスで作ったサイトへの設置方法を解説します。

ワードプレスのテンプレート「賢威」を使用している場合は、
以下の位置に広告を張り付けます。

今回はわかりやすく、最新情報の下に掲載しました。
●編集箇所:index.php(メインインデックスのテンプレート)

 

<!–最新情報–>
<h2><?php _e(‘Latest Info’,’keni’) ;?></h2>
<div class=”contents”>
<?php $new_info = the_keni(‘new_info’); ?>
<?php if ($new_info == 1 or empty($new_info)): ?>
<dl class=”news”>
<?php elseif ($new_info == 2): ?>
<dl class=”news02″>
<?php endif; ?>
<?php $new_info_rows = (trim(mb_convert_kana(the_keni(‘new_info_rows’),”as”)));
if (!preg_match(‘/^[0-9]+$/’, $new_info_rows) ) {
$new_info_rows = 5;
}
newposts_keni($new_info_rows,1,1,”year”,0,the_keni(‘new_info’)); ?>
</dl>
<?php get_template_part(‘social-button’); ?>
</div>
<!–/最新情報–>

<center>
Sponsored Link
</center> 
<center>

アドセンス広告ユニット 
</center> 

<?php endif; ?>
<?php else: ?>
<div class=”contents”>
<?php get_template_part(‘social-button’); ?>
</div>
<?php endif; ?>

<?php if (have_posts()) : ?>

これが完了したら、あとは二次審査を待つのみです。

3.二次審査完了

サイトに貼り付けた広告は、
二次審査が完了するまでは
表示されずに白くなっています。

そして二次審査が完了し、
合格した場合、
サイトに広告がきちんと表示されるようになります。

なお、
二次審査が通過したことについては、
Googleよりメールなどの返信はありません。

広告が表示される=合格ですので、
そこで判断しましょう。

Googleアドセンス審査完了後について

さて、これまでのように二次審査に通過したら
無事アドセンスをスタートすることができます。

ですがその後に何点か、
Google側とのやり取り(確認)があるので、
その点について触れていきます。

PINコードの入力

アドセンスが使用可能になったら、
およそ1か月ほどで
「PINコード」が記入されているハガキが送付されてきます。

これはアカウントのセキュリティを確認するものなので、
ネットでこのPINコードを入力することで確認完了となります。

デポジット(銀行口座)の確認

また、アドセンスで発生した収入を
振り込むための口座について、
きちんと振り込まれるかどうかの確認(デポジット)が行われます。

これは、登録した銀行口座に数十円が振り込まれます。

それが無事反映されていれば、
今後も収益を無事に入金できるといった仕組みです。

ちなみに、振込者名義は英語で、
何パターンかあるようです。

アドセンス登録後に、
見知らぬ振込があれば
デポジットを疑ってみるといいでしょう。