wmt

Googleのサービスであるウェブマスターツール。

 

ウェブマスターツールでは、
作成したサイトのインデックス(登録)や、
サイトの状況などを把握できる機能などが付いています。

 

これは、Googleアカウントを取得するだけで使用できるので、
自分のサイトを向上させていくには手助けになるツールと言えます。

 

では、ワードプレスでのウェブマスターツールの登録手順をご紹介します。

 

WordPressでのGoogleウェブマスターツール登録手順

1.Googleウェブマスターツールのサイトに行く

2.サイトURLを入力

wmt1

3.サイトの所有者である確認を求められるので、「別の方法→HTMLタグ」を選択し、metaタグをコピー

wmt2

4.Wordpressの「テーマ編集→header.php」を選択し、<head>~</head>タグ内にmetaタグを記入
(僕の場合はコメントで区別して記入しています。)

wmt3

5.ウェブマスターツールに戻り、確認ボタンを押して承認されたら登録完了

wmt4

 

 

Googleウェブマスターツールの使い方

ウェブマスターツールには様々な機能がありますが、
中でも頻度が高いものの使用方法について解説します。

それは、

  • fetch as Google(即インデックス送信)
  • 検索クエリ(訪問キーワード)

この2点について見ていきます。

 

①fetch as Googleの使い方

fetch as Googleは、作成した記事を即座に、
Googleにインデックス(サイト検索結果に反映)を促す機能です。

 

Googleはサイトのインデックスに、
クローラーというロボットを使っています。

 

クローラーは、
定期的にウェブサイトを巡回してサイトをインデックスさせていくのですが、
「fetch as Google」では、このロボットをこちら側から呼び込むことができます。

 

つまり、「更新したから確認しに来て~」と呼べるのですね。
では早速、便利機能「fetch as Google」の使い方を見ていきましょう。

1.ウェブマスターツール→クロール→fetch as Googleを開きます。

wmt5

2.送信方法を選択して、送信をクリックして完了

①インデックスさせる記事のURLを入力
②取得をクリック
③インデックスに送信をクリック

wmt6

 

検索クエリの使い方

検索クエリについては、
サイト訪問者が「どんなキーワードで検索してこのサイトに来たのか」
を調べるために有効です。

 

使い方は、まずウェブマスターツールより、
検索トラフィック→検索クエリをクリックします。

wmt8

この検索クエリでは、主に以下のことを調べることができます。

  1. 上位のクエリ
  2. 上位のページ

上位のクエリについては、検索されたキーワードのことです。
つまり、ユーザーがググってきたワードのことです。
上位のページについては、
これも同じくユーザーが検索して訪れたページのことです。

 

また、検索クエリでは期間を選択して調べることもできるので、
「いつ、どんなキーワードが多く検索されたのか」
などを調べるのに役立ちます。

 

Googleウェブマスターツールが危険な理由とは?

ネットで検索すると、
Googleウェブマスターツールについて危険
という関連ワードが出てきます。

 

Googleウェブマスターツールは、
サイト運営者にとって役に立つ印象を受けるのですが、
一体なぜ危険と言われているのでしょうか。

 

現在、インターネットで莫大なシェアを誇っているGoogle。
その無料サービスの一つである、
ウェブマスターツールについては、
セキュリティ面で危険と言われている訳ではないようです。

 

ではいったいどんな理由なのでしょうか。
いくつかのサイトを見てみると、
どうやら、サイト運営者側から見て危険と言われているようです。

 

その理由は、Googleのペナルティです。

 

Googleのペナルティには、
自動ペナルティと手動ペナルティの2つがあると言われています。

 

自動ペナルティは、アルゴリズム変動によっておこるものですが、
手動ペナルティは、Googleが定める
「ウェブマスター向けガイドライン」に違反している可能性がある場合に、
そのサイトに対して手動でペナルティを科すものです。

 

手動ペナルティを受けたサイトにはこのような警告が来ます。

wmt9

 

これは、僕が以前運営していたサイトに来たペナルティで、
「実質のないコンテンツ」である事が理由とされています。

 

そして、肝心なのがウェブマスターツールが危険であると言われている、
手動ペナルティとの関連性です。

 

これは、
「ウェブマスターツールに登録しているとペナルティを受けやすいのでは」
という意見に対してのものなのですが、
ネット上では意見が賛否両論に分かれています。

 

ですが中には、
ウェブマスターツールに登録していたサイト全てがペナルティになったという声もあります。

 

こういった声が多くあっても、
この真相はGoogleに聞かないとわからないことで、
Googleが公式発表しているもの以外には、完全に憶測になります。

 

ですので、
Googleウェブマスターツールが危険という考え方は間違っているといえるでしょう。
むしろウェブマスターツールは、
正しくサイトを運営しているのであれば非常に役に立つツールであると言えます。

 

またペナルティを受けた場合、
再審査リクエストを出しても、
ほぼ却下されるという声も多いようです。(僕のサイトもそうでした)

 

Googleは、具体的にどこの部分が違反しているなどのメッセージはなく、
あくまで抽象的に違反しているとしか言ってくれません。

 

なので再審査リクエストが通らなかった場合、
さらに修正して再審査を依頼するか
もしくはサイトをあきらめるかの2択になるかと思います。
(僕はやむなくあきらめました。)

 

このように、ペナルティを受けてからでは遅いです。

 

日ごろからガイドラインに違反しないような、
オリジナリティあふれる、
ユーザーの役に立つサイトを運営していくことが大事と言えます。

 

手動ペナルティを受け付けないために

手動ペナルティを受けないためには、
やはりGoogleのガイドラインに沿ったサイト運営を、
心掛けてしていくことです。

 

この基準について、
Googleスパム対策リーダーのマットカッツ氏が動画で解説しています。

 

まだペナルティを受けていない人でも、
一度は目を通してみてください。
(見て思い当たる所を修正するといいと思います。ペナルティを受けてからでは遅いです。)

また、
Googleのウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)にも目を通しておくといいでしょう。

 

今後、Googleは更にサイト検索結果の質を高めていくと考えられます。
そのためにも、サイトの管理者はそれに見合った、
質の高いサイトを運営していくことが求められてくるでしょう。

 

そしてウェブマスターツールは、
そのようなしっかりとルールを守ったサイトには非常に強い味方になってくれるので、
ぜひ有効活用していきましょう。