せどりや転売をする際には、売る事以上に大事とも言われているのが仕入れです。

その仕入れにはリサーチが絶対不可欠なのですが、

リサーチを行う上で必須ツールである「モノレート」の見方と、その活用法についてご説明します。

モノレートとは?

モノレートは、Amazonでの売れ行きを確認できるツールです。

正直、仕入れにはモノレートだけで十分と言えるまでの機能が備わっており、非常に便利です。

また、以前はAmazowというサイト名で運営されていました。

モノレートでは何を見れるの?

モノレートで確認できるのは以下のものです。

  • 現在の新品・中古の価格
  • 3か月単位での新品・中古「価格」の推移
  • 3か月単位での新品・中古「出品者数」の推移
  • 3か月単位での「Amazonランキング」の推移
  • この商品を検索しているユーザー数の推移

これらの情報は、出品をする人にはもちろん、

転売を目的にする人にとっても有益な情報ばかりですね!

モノレートの見方

では、実際にモノレートをどのように見ていけばいいのかを解説します。

こちらのオモチャを例にご説明します。

これはAmazonの商品ページなのですが、

下部の方にいくと「ASIN」という、

Amazon専用の識別コードがあるのでこちらをコピーします。

コピーしたASINを、モノレートの検索画面に入力します。

すると、ここで商品の詳細が表示されます。

  • 現時点のAmazonランキング
  • 新品の最低価格、出品数
  • 中古の最低価格、出品数
  • Amazonが直接販売しているかどうか

以上のことが読み取れます。

 

さらにこの下には、詳細を確認できるグラフが表示されます。

ここでは、3か月~すべての期間の、以下の情報を知ることができます。

  • 最安値の推移
  • 出品者数の推移
  • Amazonランキングの推移
  • モノレートユーザーの推移

このグラフ、実はせどり仕入れなどでは一番重要なものです。

なぜなら、

「この商品は売れやすい?いくらで売れる?」

という、基本的なことを把握できるからです。

僕の場合、せどり仕入れをする際は、このグラフを特に重要視しています。

 

さて、そのグラフの下でもう一つ要チェックなのが、

下部にある「期間毎の最安値一覧」です。

ここでは時間単位でのAmazonランキングを確認することができます。

Amazonランキングはすぐ急騰・急落しやすいので、

ここで最近までの動向を確認していく必要があります。

 

現在はランキング上位だったので仕入れたが、

実は一瞬の高騰だけで、その後在庫を抱えることになった…。

などといったことがないように、しっかりチェック分析して効率的な仕入れに役立てましょう。