エディタのterapadを使って、拾い出したキーワードの重複を削除する方法を解説します。

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-PAK39_yokonarabiharoharo-thumb-1000xauto-16128

terapadのダウンロード

テラパッドはHTMLやCSSなどを編集したりする際に使うテキストエディタと呼ばれるソフトです。

テキストエディタには、有名なものでWindowsに標準搭載されているメモ帳があります。

ですがterapadの方が高機能なので、ぜひこちらの利用をお勧めします。

ダウンロードはこちらです↓(無料)
http://www.forest.impress.co.jp/library/software/terapad/

terapadで重複を削除する方法

terapadのダウンロードが済んでも、

キーワードの重複を削除するためには、

別のツールを搭載する必要があります。

 

そのツールが「TpSort」というものです。

ここから先は、たてごと♪さんのブログを参考に書かせていただきます。

TpSortのダウンロードと設定

では、さっそくダウンロードしてみましょう。(無料)
http://harpy.jp/Tategoto/terapad/TpSort.html

※記事の2/3あたりにあります。
tp1

ダウンロードしたら解凍して、programfileなどのフォルダに入れちゃいましょう。

では、先にダウンロードしたTerapadを起動します。

 

「ツール→ツールの設定→追加」を選択。

するとツールの編集という画面になり、以下のように記入していきます。

名前 なんでもOK(重複削除など)
実行ファイル TpSortを設置した場所
(C:\Program Files\TeraPad\TpSort.exeなど)
コマンドラインパラメータ 目的に沿ったものを記入(次項で説明します)
作業フォルダ (空欄)
ファイルの上書き保存 上書き保存しない

これらを記入したら、コマンドラインパラメータを設定して、

目的の処理方法を設定します。

コマンドラインパラメータで目的に沿った動きを設定

ここでは、そんなに難しくはありません。

自分が行いたい処理方法を入力していきます。

文字には大文字、小文字がありますが、詳しくは以下の通りです。

パラメータ 動作 パラメータ 動作
/D 「オプション指定ダイアログ」 を表示します。 /d 「オプション指定ダイアログ」 を表示しません。(*)
/A 昇順 (文字値の小さい順) にソートします。 /a 降順 (文字値の大きい順) にソートします。(*)
/R 重複行を削除します。 /r 重複行を削除しません。(*)
/E 重複行を新規 TeraPad へ分離します。 /e 重複行を新規 TeraPad へ分離しません。(*)
/T 大文字/小文字、カタカナ/ひらがなを区別します。 /t 大文字/小文字、カタカナ/ひらがなを区別しません。(*)
/N 数字文字列を数値として比較します。 /n 数字文字列を文字列のままで比較します。。(*)
/Z 数字文字列の数値認識に全角数字を含めます。 /z 数字文字列の数値認識に全角数字を含めません。 (*)
/C 並べ替えの比較開始位置と幅を設定できるようにします。 /c 行全体を比較対象とします。(*)
/F: 並べ替えの基準となるカラムの桁位置を 1 ~ 2147483647 の数値で指定します。省略すると 1 が指定されたものとみなします。 /W /F オプションで指定した桁位置から、何文字を比較対象とするかを 1 ~ 2147483647 の数値で指定します。省略すると 2147483647 が指定されたものとみなします。

この表に沿って、行いたい動作を入力していきます。

 

例として、

「重複行を削除し、文字値を小さい順に並び替え、大文字・小文字を区別しない」

という場合は、

「/EAt」

とコマンドラインパラメータに入力すればOKです。

 

ポイントとしては、大文字と小文字、

さらに組み合わせる場合には、

「/」のあとに続けて入力することを心がければOKです。

 

設定が終わったら、terapadで文章を選択後、

「ツール→(設定した名前)」

をクリックすれば、その通りの作業を行ってくれます。

 

また、コマンドラインパラメータを設定せずに処理をすることも可能です。

その場合は、ボックスにチェックを入れて処理を行わせることができます。