ツイッターをマーケティングに活用していく上で、

必要なのが「ボット(BOT)」での自動化です。

そこで今回は、ツイッターボットの作り方について解説します。

ツイッターボットとは?

ツイッターボットとは、その名の通りロボット(BOT)の事で、主に自動化することが目的です。

具体的には、以下のような事ができます。

  • 自動でつぶやく
  • 自動でフォロー・リフォローする
  • 自動でメッセージを送る

これらを、一度登録してしまえば、半永久的にやってくれるのがBOTです。

ツイッターボットを使う際の注意点

ツイッターボットは、自動で呟いてくれるとても便利ものです。

なので、個人がいちいち文字を打ってつぶやくという「手間」を、一度の登録で解消してくれるという優れものです。

しかし、ボットを使用する前提で、マーケティングのスキルを持っていなければ意味がありません。

つぶやきを見るのは「人間」です。

もし文章を自動化させたいがあまりに、適当で簡素な文章を登録しても、それにはほとんど反応は得られません。

ですので、しっかりとスキルを身に着けたうえで使う事をお勧めします。

あくまで、スキルがある前提で、それを「補助」してくれるのがボットだと思ってください。

ツイッターボットの作り方

ツイッターボットを作るにあたってはシステムが必要になりますが、現在は多くのサービスでボットを取り扱っています。

それでは、ボットサービスでも有名な「twittbot」で、実際にボットを作ってみます。

twittbotにログイン

登録するツイッターアカウントにログインした上で、登録します。

twittbotはこちらから→twittbot

twb1

数字認証後、再度ログイン

twb2

アカウントの認証&確認

twb3

管理画面に切り替わる

twittbotの管理画面に切り替わります。

まずは「つぶやき」の設定をしてみます。

twb4

つぶやく内容を設定をする

つぶやく内容を設定します。

1行入力の場合

1つ1つのつぶやきを入力できます。

twb5

複数行入力の場合

複数のつぶやきをまとめて入力できます。

twb6

例の文字を登録すると、このような形で登録されます。

twb7

つぶやきの時間設定をする

詳細設定の画面よりつぶやきの時間などの設定ができます。

twb8

twittbotのその他の機能

twittbotでは、他に以下のような事が出来ます。

  • つぶやきへの自動返信
  • 自動でフォロー返し
  • 夜間のつぶやき停止
  • つぶやきデータのバックアップ

などなど。

 

また、月額がかかる有料プランになると更に多くの機能が追加されます。

余裕があれば試して頂けたらと思います。