トラックバックってどんなものなのか、

およびトラックバックとピンバックの違い

について、解説します。

SplitShire-7926

トラックバック・ピンバックは何の意味があるの?

トラックバックとピンバックは異なりますが、

それぞれが持つ根本的な意味は一緒です。

それは、「被リンク」です。

どちらも、相手先のサイトがある事が前提です。

 

被リンクをすれば、サイトが拡散され、

基本的にSEOに強くなると言われています。

なので、トラックバックをどんどん送ればいいというのではなく、

記事をどのようにしたいかによって使い分けていく必要があります。

 

では、有効と言われるトラックバックとピンバックの違いを見ていきましょう。

トラックバックとは?

トラックバックを簡単に言うと、

相手サイトに自分が書いた記事のリンクを送る事です。

 

どのように送るのかというと、

相手のブログのトラックバック欄に、

送りたい記事のURLなどを張り付けて行います。

 

基本的には、記事と関連のあるブログに対してトラックバックするものなのですが、

実際はそうとも限らず、どんなブログに対しても送ってくる、

スパムみたいなブロガーもいます。

そのため、トラックバックを受信するかどうかについては、

ブログサイト内で設定できるのがほとんどです。

ピンバックとは?

ピンバックを簡単に言うと、

記事内にリンクがあったURLに対して、

自動的に自サイトのリンクを送る事ができます。

 

記事内のURLに対してのみ行うので、

ただURLを張り付けるだけで被リンクが得られる手軽さのほか、

サイトと関係のあるリンクに絞りやすいという点があります。

トラックバックとピンバックでは何が違うか?

トラックバックとピンバックの違いについてですが、

主に、自分が作った記事と、関連している記事から被リンクを得られるかどうかです。

 

これは述べてきたように、ピンバックが記事内リンクのため、

記事の引用による引用元リンクなどで、

そのついでに被リンクを得られる事が挙げられます。

 

ですが、どちらもやりすぎは危険。

あまりやるとGoogleよりスパムと認識されてしまうかもしれません。

なので、節度をもってトラックバック・ピンバックを行い、

適正な範囲でSEO対策を行う事を心がけましょう。