SEOについて

インターネットは現在、グーグルなどの大手企業が検索のシェアを誇っています。

日本で人気のYahooでさえ、検索結果を表示するために情報を集める仕組みを、

グーグルのものを採用している程です。

 

つまり、グーグルに気に入られるサイトを創る事が、

SEOで上位表示を果たすと言えるのです。

 

ですが、どのようにSEOを評価しているのかについては、

グーグルでないとわかりません。

なので、世の中に出回っているSEO対策というのは、

あくまで傾向でみた予測です。

 

この中から、実際に効果があるとされているSEO対策について、

まとめてみました。

ぜひサイトに取り入れてみて下さい。

site

被リンクの獲得

現在一番有効とされているのが、被リンクを貰う事です。

グーグルにはページランクという概念があります。

ページランクは、0~10まであり、

例えば、ツイッターやfacebookのようなユーザー・閲覧の多いサイトだと10だったりします。

 

このようにページランクが強いサイトからの被リンクほど、

SEOでは効果があるとされています。

 

ですが、グーグルは自作自演の被リンクについては大変厳しいです。

あくまでもユーザーの興味で自然な被リンクを貰う事を望んでいるので、

被リンクサービスなどをむやみに使用するのはあまりお勧めできません。

 

あくまでも、

「他のユーザーがリンクを張りたくなるようなサイト」

を目指していく事が大事です。

 

強いキーワード選定

強いキーワードでアクセスを集めると、サイトが強くなっていきます。

これは、「訪問者が多いサイト」としてグーグルに見られるため、

評価されるのだとの説があります。

 

定期的なサイト更新

更新がちょくちょくなサイトは、見ている側としてもあまり興味もわかないですよね。

それと同じで、グーグルは更新する量が多いサイトを好みます。

 

また、新たにサイトを立ち上げる場合など、

ちょくちょく更新するよりは、一気にまとめて更新した方が、

「情報量が増えた」という点で評価されるという傾向のようです。

 

内部リンクの充実

自分のサイトのリンクを張る内部リンクを充実される事は、

サイトをより循環させるというユーザーの行動につながります。

これによりサイトのPVが増えて、

グーグルから「このサイトは良く循環されている」という評価を貰いやすくなります。

 

グーグルはあくまで、ユーザーに利益のある検索結果の表示に勤めていますので、

こういった情報は非常に有効です。

 

サイトマップの向上

サイトマップとは、グーグルがウェブ内の情報を集める、

クローラーと言うロボットに対して有効です。

このクローラーに、どこにどんな情報があるかを示すための、

サイトマップというものがあります。

 

これを向上させることにより、サイト内をクロールしやすくなり、

検索結果により早くインデックスさせるなどの利点があります。