サラリーマンは、当然ですが会社・組織のために働く身。

勤務時間は拘束され、勤務時間外になってやっと、

自分の好きなことをできる「プライベート」な時間です。

 

まあ、これが不自由といったらそうなわけで。

「会社に拘束されているわりには、それに見合った給料じゃない」

なんて人、結構いますよね。(僕もそうです)

 

そうなってくると当然、収入を増やしたいって思います。

じゃあサラリーマンはそんな事できるの?って思いますが、

副業で収入を生むことは十分可能なんです。

MIYAKO92_gakenokeiji20140727500

ですが、収入を生むといっても、

会社に時間を拘束されているサラリーマンは、

空き時間を使っての副業しかできません。

 

そこで、そんな時間のないサラリーマンでもできる副業を、

「サラリーマンの空き時間」

という目線で紹介したいと思います。

 

アフィリエイト

副業を探したことがある方なら一度は、

アフィリエイトという言葉を耳にしたことがあるでしょう。

アフィリエイトとは、パソコンを使って稼ぐ副業です。

 

それは紹介料みたいなもので、例えば、

「この商品を売ったらあなたにその数%を上げます」

といった具合に、あなたのサイト経由で購入があった場合に報酬が発生します。

 

つまり、自分でしっかりとサイトを作ればその報酬が入る可能性があるので、

サラリーマンの場合は、仕事の空き時間などでサイトを作り上げ、

すの後はアフィリエイトリンクから商品が買われ次第、報酬が発生するという流れができるのです。

 

ソーシャルワーキング

最近主流となってきているのが、ソーシャルワークの市場です。

それは、ネット上でのハローワークのようなもので、

仕事を依頼したい、仕事を欲しい方々が集う交流サイトです。

 

ここでは、様々な業務の依頼などがあるので、

自分が可能な範囲で仕事を選ぶことができます。

 

中にはライティング作業のように、

何のスキルやソフトもなしに、自分が考えた文章でのお仕事なども多くあるので、

パソコン1台だけで稼げるという事も、現在では十分に可能になっています。

 

アルバイト

アルバイトに至っては、勤務後にまた別の仕事をするという形です。

これもソーシャルワーキングと同様に、様々なジャンルがあり、

自分の好きな職を選ぶことができます。

 

ですが、これはほとんどの場合が自分の体を動かして行う肉体労働。

なかなかタフさが自慢の人でないとお勧めできないかもしれません。

 

株・FX

これは副業ではなく投資なのですが、株や副業もサラリーマンの副収入を得るための方法です。

これらは一番大金を稼ぐ事ができるかも知れません。可能性としてはあります。

ですが、同時にマイナスにも十分になりえるものです。

 

株やFXの最悪な例をご紹介します。

例えば株では、先日東証一部で優良株とされていたスカイマークが、

民事再生法の手続きを受けると発表されました。

 

この結果、株価は大暴落。

320円ほどの株券が、30円ほどになり、

資産がおよそ10分の1まで激減したのです。

 

また、FXにおいてはスイスフランショックをご存知でしょうか?

これは1日でフランが50円ほどの値動きをするという、100年に一度あるかないかの相場になったものです。

このおかげで、FXい使っていたお金以上の損、つまりマイナスになる人が続出し、

「手取り20万円なのに5000万円の借金」

みたいな人が続出したと言われています。

 

このように、株やFXにはリスクがある事を知っておいてください。

 

結局のところどれが一番おすすめか?

僕なりの見解ですが、サラリーマンにお勧めの副業はアフィリエイトです。

理由は、以下の通りです。

  • 金銭的なリスクがない
  • 頑張れば給料以上に稼ぐ事も可能
  • パソコンだけで出来る

 

例えばソーシャルワーキングはパソコン一台でできますが、これは労働です。

また、アルバイトも同じですね。自分の体を酷使しなければいけません。

株やFCなどは先ほど言ったように、逆にマイナスになってしまう可能性が隣り合わせであります。

 

反面アフィリエイトは、パソコン一つで、しかも一定量頑張れば、

「ほったらかしで収入が入る」という事も可能なのです。

 

アフィリエイトはその「ほったらかし」がなかなか実現せず、

稼げずに諦めてしまう事が多いのも事実あります。

しかし、継続して地道に頑張っている人は、ほとんどが稼げている事も事実です。

 

もし仮に失ったとしても、それはお金ではなく時間です。

つまり、借金などの心配はほぼありません。