ネットビジネスには、淡々とこなしていく作業がつきものです。
それは、パソコンにずっと向き合う事になるので、
相当な集中力が必要になってきます。

 

慣れれば大した問題ではないのですが、
コツをつかんでない場合はこれに慣れるまでの間に、
苦痛を感じて投げ出してしまう人も少なくありません。

 

そこで今回は、そんな作業集中力を持続させる、
超有効な方法をご紹介します!

 

超集中して作業時間を活用する48:12の法則

それは、効果的な方法として、
「1時間の単位」で見た作業の集中法という、
かなり効率的な方法があります。
紹介されているページ(英語)

 

それは1時間(60分)を、
48分(作業)と12分(休憩)に分ける
というものです。

 

この方法はかなり有効で、
元々集中力がかなりない。(30分もせずに飽きてネットを徘徊する)僕でも、
とても満足のいく作業結果を出すことができました。

 

また、この方法を使った具体例として、
この方法を1日4回やって、200ページに渡る本を2週間で書き上げた
という例も紹介されています。

 

そして、この方法を行うに当たって注意してほしい点があります。

 

それは、
12分間の休憩を絶対に守ることです。

作業の女性

休憩を守るって一見簡単そうに見えますが、
「今は集中できてるからもう少しやろう」
っていう良い誘惑が来たりしますよね。
もちろん、これはダメです。

 

必ず守ってください。
そして、この時間に一服やトイレ、
メールチェックなどを行うことをお勧めします。

 

また、
作業に没頭しすぎて時間を忘れないように、
タイマーを使っての時間管理も有効です。

 

「あわてないあわてない、ひとやすみひとやすみ」

と一休さんの言葉にもあるように、
作業の合間の休憩は大事なものだと改められます。

 

この48:12の方法を使って、
これからのネットでの作業を、
より充実・効率的なものにしていきたいですね。