ビジネスでは超有名、ホリエモンこと堀江貴文氏が提唱しているビジネスについて解説します。

15c9339bfaca9d5f58dc98a506def579_s

ビジネスマンは必読!ホリエモンの提唱とは?

堀江貴文氏は、ライブドアを立ち上げ、楽天とのプロ野球球団設立対決やフジテレビの買収など、世間に大きく名前を知れ渡らせた時の人です。

まだ世の中にインターネットが浸透しきっていなかった時ですから、

レバレッジの効いた桁違いな利益がある事が、世の中に大きな衝撃を与え、脱税で逮捕されてしまうなど、破天荒な人生でした。

ですが、現在は出所して、書籍の販売やブログなどで再び経営者として名を挙げています。

 

ネットが普及した現在では、堀江氏が当時言っていたことがいかに正しかったかという事が思い知らされています。

さて、そんな堀江貴文氏ことホリエモンが提唱していた、成功する4つのビジネスというのが有名です。

 

それはいったいどんなものかというと、下記の通りです。

  1. 利益率が高い
  2. 在庫を持たない
  3. 定期的に一定の収入が入る
  4. 資本ゼロor小資本で始められる

これらをすべて満たすものが、ビジネスにおいて最高の理想形であると、彼は提唱しているのです。

これらすべてを満たすビジネスは?

では、実際のビジネスでこれらすべてを満たすものは何でしょうか。

世の中のあらゆるビジネスを思い浮かべてみてください。

 

・・・。

見つかったでしょうか?

いや、なかなか出てこないと思います。

 

じゃあ一体なんなのか。

ここまでくればお決まりですが、それはネットビジネスなんです。

では、一つづつ見ていきましょう。

アフィリエイトの場合の適合条件

  1. 利益率が高い…利益ほぼ100%
  2. 在庫を持たない…ゼロ。そもそも在庫という概念がない
  3. 定期的に一定の収入が入る…基本的に月で支払い
  4. 資本ゼロor小資本で始められる…無料ブログであれば完全ゼロ。有料でもレンタルサーバー・ドメイン代くらい

このように、ネットを使ったビジネスは、ホリエモンの理想のビジネスと合致しています。

ホリエモンの提唱を生かすために必要なこと

これだけ理想的なビジネスモデルであるネットビジネスですが、

その割にはみんな稼いでいるかというと、実際のところはそうでもありません。

 

ホリエモンの提唱を生かして、

稼げるビジネスモデルを知っていて実践しているのに、

稼げる人とそうでない人が出てくる。

 

それはなぜかというと、継続力があるかないかです。

 

ネットビジネスは「リスクがない」事が最大のリスクです。

自分の意思次第でいつでも辞めることができます。

もちろん最初から楽に稼げるものではないので、(というかそんなビジネスは存在しない)

軌道に乗るまでの期間をいかに過ごすかが重要になってきます。

 

ですので、この継続というのが一つのハードルになってくるのですが、

ここは自己啓発や、ネットビジネスのチームに属すなどで、

やる気のモチベーション維持を計っていくことが大切です。

 

ネットビジネスに力を入れていこうと思っている人は、間違いないです。

というより、センスがいいです。

ホリエモンも提唱しているのですから。

 

ですので、あとは継続のハードルを越え、

向かうべき道が最短ルートであるかを確認しながら、

作業を行っていくことが重要です。