インターネット以外でも、

リアルなビジネスなどでお金を稼いでいる思考を、

何回か参加したセミナーで学ばせていただきました。

 

今は稼げていない場合でも、

この成功者の稼いでいるマインドを知る事によって、

成功への道は最短距離で開かれていきます。

 

そこで今回は、

そんな成功者である稼いでいる人が持っている

「3つの思考方法」についてご紹介します。

 

世の中にどんどんお金を回していく

稼いでいる人は、それなりに出費をします。

 

そして稼いでいる成功者は、

出費に関してもそれが単なる浪費ではなく、

その使い道も正しいものです。

 

それらに共通して言えること。それは、

「対価としてお金を払う」

という感覚です。

SplitShire-7070

これの例としては自己投資があるのですが、

たとえばかなり稼いでいる人でも、

自分を更に高めるための自己投資として

年にかなりの金額(100万円以上)を払う人も珍しくありません。

 

それはただ単に支払うのではなく、

  • 自分の知識として取り入れ(インプット)
  • 他者に還元していく(アウトプット)

の作業をこなしています。

 

また、さらに稼いでいる人には、寄付という視点も持っています。

 

例えば、おそらくインターネットで一度は利用したことがあるであろう

Wikipediaというサイトがあります。

これは世界中のインターネットユーザーで作り上げられる辞書で、

無料で利用できる反面、

サイトを維持するためなどでの寄付を常に求めています。

 

もちろん無料なので得られる情報は違いはありません。

ですが、善意ある人は寄付を行います。

その理由は、情報を買うという視点を持っているからです。

 

また、お金を払ったことにより、

仕入れる情報も自分のモチベーションが上がるので、

インプットの質も高まります。

1人でビジネスをしない

稼いでいる人ほど、

1人でビジネスすべてを抱え込むようなことはしません。

 

「少しだけ発生した収益を失う事が嫌で、すべて自分で完結しようとする」

一見理にかなっているようですが、実はこれ、

稼げない人がやってしまう行動だと言われています。

 

稼いでいる人は収益をどんどん投資に使い、

システムの「自動化」を行っています。

 

例えばブログを書くにしても、

自分一人だと一日3記事しか書けなくても、

お金を払って外注を雇うと、

一日10記事を書くことだって可能なのです。

 

そしてこの記事が積み重なれば、

1人で何人分もの力を発揮することができるようになり、

ビジネスの拡大につながっていきます。

浅く深くではなく、広く浅く

これはインターネットに限った話なのですが、

インターネットビジネスは一つのサイトだけでの収入源を高めるよりも、

複数のサイトを展開(水平展開)して様々な収入源を確立していった方がいいです。

 

その理由は、インターネットには常にペナルティなどのリスクがあるからです。

 

せっかく一つのサイトを熱心に作りこんで収益を伸ばしてきたとしても、

それが突如ペナルティにより検索結果のかなたに飛ばされてしまう。

作ったサイトがどのようになるのかは、Googleのみぞ知る事です。

 

なので、そんなリスクにいつでも対処できるように、

ある収入源が絶たれても

それを補う事が出来るようなシステムを構築していきましょう。

 

また、サイトを水平展開させていくに当たっては、

1つ1つを作っていくよりも、

最初に全てのドメインを取得して、

全体的に更新していった方がいいです。

 

その理由は、

ドメインは年月が経てば経つほど強くなっていくからです。

なので、ドメインだけでも早くとっておくというのも有効な手段です。