hekomi

ネットビジネスでは稼いでいる人は相当稼いでいます。

ですが、その反面で稼いでないだってもちろんいます。

そしてさらに、稼いでいない人が非常に多いことも事実です。
(じゃないとビジネス市場は成り立ちませんよね。)

だからこそ、ネットビジネスに取り組んでいる人は、
「稼ぐ人」になって、稼ぎ方を他の人へと伝播させていく
必要があります。

これはお互いがハッピーになるのはもちろん、
この業界全体の底上げにも繋がることなので、
どんどん実践してほしいものです。

さて、今回はネットビジネスで稼げない人について、
その特徴と言われている
6つのポイントをご紹介していきたいと思います。

 

1.他者依存マインド

ビジネスをしているとよく聞かれる「他者依存」という言葉ですが、
これがどういう意味かというと、
「誰かがやってくれる(稼がせてくれる)」という意味です。

よくネットビジネスでは、「自動」や「片手間」などの
甘いキャッチコピーがあります。

たしかにそれらは存在しますが、
あくまでも、一定の仕組み作りを終えた人にだけ訪れるものです。

なので、最初からこのような仕組みが出来上がるという事はまずありません。

そして、この他者依存マインドの方は、
最初からこれらを「誰かがやってくれる」という目線でいます。

例えば、高額塾に入っても、
「僕は稼ぐためにはどうすればいいですが?」
と聞くのではなく、
「僕を稼がせてください!」
のように、あくまで他者に依存してきます。

当然ですが、こんな人は絶対に成功しません。
これはネットビジネスに限らずすべてのビジネスにおいてです。

ビジネスは、あくまでお互いが対等な立場で利益を得るものであって、
誰かを稼がるための一方的な「ボランティア」では
決してないという事です。

ビジネスに投資して誰かから学ぶにしても、あくまで、

  • 先生…成功のための知識は与える
  • 生徒…作業をするのは自分

であることが、この業界、
そして全てのビジネスにおけるルールです。

 

2.真似ばかりしてる

成功者の真似をするのは大変有効な手段です。

ですが、それはあくまで一部を真似することであって、
なんでもかんでも真似ばかりしていたら
自分のビジネスはすべてその人のパクり(劣化コピー)になってしまいます。

なので、完全に真似るという意識ではなく、
成功者の良い面を、自分のフィルターを通して
自分色にして発信していくというのが正しい真似の方法です。

 

3.軸が無い

自分がもっている軸がなければ、他人は引きつけられません。

つい先日まで「○○がいい!」といっていた事が、
いつのまにか「××がいい!」になっていたら、
もはや信用の問題ですよね。

人は一貫して一つの主張をする人に
引き付けられると言われています。

そのためには、自分の軸をしっかりと持って
情報を発信していく事が大事と言えます。

 

4.継続性が無い

ネットビジネスには、継続性は必要不可欠です。

それは、人々が日々情報を求めているからです。

更新が止まってしまったブログよりも、
最新の情報を更新し続けているブログの方が
読む気になりますよね。

更新する側は大変ですが、
それを乗り越えて情報を発信し続けた人が
最終的に勝つのが、ネットビジネスという業界です。

 

5.思考停止

思考が停止してしまう事は、ネットビジネスに限らず
日常生活においても問題です。

インターネットには様々な情報があふれています。

それが、非常に有益なものもあれば、
嘘・偽りの多いものまで様々です。

そして、それらの情報を全て真に受け、
全部を吸収しようとしたら、
許容オーバーになり頭がパンクしてしまいます。

今やインターネットで手に入らない情報は、
ないと言ってもいいくらいに情報に溢れていますよね。

だからこそ、正しい目を養う事が重要です。

そして、その目で必要な情報、不必要な情報を見極めていく
事が大事です。

 

6.被害妄想

よく稼げない人が陥りやすいのが、被害妄想です。

ネットビジネスは、成果が出るのにある程度の時間が必要です。

そして、その時間が経って軌道に乗ると、
あとはするすると上手く物事が運んで、
収益も爆発的に増えていったりするものです。

ですが、この時間が経過する前に、
「詐欺にあった」などと一方的に決めつけて、
被害者面をしてしまうケースも見受けられます。

正しい知識を提供してる事を、詐欺とは言えませんね。

そして、良く更新を途中で辞めてしまったブログなど
を良く見るのですが、
あれ、すごくもったいないです。

多分、もう少し更新したらアクセス伸びて来るだろう
って所で辞めてしまっている人もいる。

辞めるくらいなら、売りに出せば売れますよ!
って言いたくなります。

このように、大事なのは被害妄想を抱かずに、
日々継続して取り組む事が重要です。