nexttwitter

9月に一斉に起きたTwitterの凍結をご存知でしょうか。

もし、フォローツールを使っている人がいればきっとご存知の事でしょう。

僕も、Twitterのアカウントを60個近く持っていたのですが、

今回の一斉凍結によってそのほとんどが凍結されるという被害にあってしまいました。

 

一斉凍結の経緯について

今回のTwitter一斉凍結が起こったのは、9月8日前後の事です。

一斉といっても、主にどのようなアカウントが凍結の被害にあったかなのですが、

主に情報商材系を利用しているアカウントが凍結されているようです。

そして、そのターゲットとなる単位も、「IPアドレス」という、インターネット上の住所のような

単位で一斉に凍結をしていったようです。

その被害の範囲は、

  • かなり古いアカウントでフォロワー10000以上
  • 登録したがほとんど使用しなかったアカウント

などといったアカウント以外は、ほぼ凍結されてしまったようです。

 

今後はTwitterはアフィリエイトに使える?

さすがに、今回のような大規模な凍結をくらってしまい、

Twitterアフィリエイトに萎えてしまった人は多いと思います。

そこで、今回の凍結を受けて

今後もTwitterでのアフィリエイトを行っていった方がいいのか

といった疑問の声が、所属のコニュニティなどでも多く寄せられました。

 

そこでですが、僕の考えとして結論から言いますが、

今がチャンスであると思います。

その理由についてお話していきます。

 

今回のターゲットとなったTwitter系の情報商材は、

フォローやフォロワーを自動的に集めてきたり、

ツイートを自動で行ったりと、

すべてが自動化に近い形で使用でき、

Twitterを使ったアフィリエイターにとっては極めて便利なものでした。

 

そして、そのTwitterで稼ぐノウハウみたいなのが増えてきて、

それを実践していた中でこのような一斉凍結がおこってしまい、

やる気がなくなった初心者の方もいるでしょう。

さらに初心者よりも、これまでTwitterでかなり稼いできたアフィリエイターにとっては、

一瞬で金脈が無くなったかのようなショックな出来事だったろうと思います。

今回の件で、このようにガッカリ来てTwitterアフィリエイトを辞めていく人は多いです。

 

ですが、そこがチャンスなのです。

Twitterは、自身のサービスの健全化を図るために今回の措置を行いました。

それで、これまでにスパムめいた形で

アフィ広告をつぶやくだけのアカウントなどが 一斉に掃除されたことと思います。

 

だったら、その綺麗な環境で1から始めればいい。

結局、これはTwitterに限った話ではないのですが、

誰もやっていないうちに成果を出すことが、何でも成功の道筋になっています。

Twitterで利益を上げたい人は、今がチャンスだと胸に刻んで頑張ってほしいです。

 

今後のアフィリエイトを進めていくために必要なもの

今後のアフィリエイトを行っていくにあたって特に重要な事は、

webサイトが存在している原則を

もう一度再確認することです。

 

今後はネット業界の健全化が、より一層図られていきます。

つまり、スパマーや量産型で中身のないアフィリエイトにとっては、

厳しい環境が待っているといっていいでしょう。

 

そこで、ウェブサイトの本来の目的である、

ユーザーが求めている情報を提供する。

その点を再度振り返って、今後のサイト作成に反映させていかなければいけません。

 

Googleでもアップデートやペナルティなどの動きが最近目立っています。

ですが、これらは価値のないサイトを排除してくれる、

いわばきちんとサイト運営に取り組んでいる人にとってみれば朗報なのです。

 

なので、これからも、ネットビジネスに取り組んでいく場合は、

ターゲットとなる人にしっかりとその情報を与えて行くことが、

成功の近道になるのは間違いないようですね。