どんなネットビジネスにも共通する「アクセスの獲得」

それに非常に有効な方法である、

ブルーオーシャンを探す方法について解説します。

moru

新しいキーワードは大チャンス

これまでに出現していないキーワードは大チャンスです。

 

例えば今年で言えば、

最近世間を騒がせている小保方晴子さんなどは、

STAP細胞が問題となる以前は全くの無名でしたね。

 

また、

子どもたちの間で絶大な人気を誇るようになった妖怪ウォッチなども、

新しく出てきたキーワードです。

 

極端な例でいえば、

新たに出てきた言葉が多い「流行語大賞」を受賞しそうなキーワードを、

前もって仕込んでおけば爆発的なアクセスを集める事が出来ます。

 

サイトでSEOで勝負していく場合、

どうしても以前から存在する強いサイトからは負けてしまいます。

 

これに勝つためには、長い時間とサイト内の情報量を構築したりするSEO対策などで長い時間がかかります。

ですが、新しく出てきた単語などは、

まだ強いサイトが作成する前に自分で取りかかると、

上位表示する事も可能なのです。

 

新しい単語がでたら関連をチェック

新しいキーワードが出たら、今後はその関連をチェックします。

つまり、

「次にどんな事を知りたいんだろう」

という視点です。

 

それを深く掘り下げればそうするほどブルーオーシャンは広がります。

予想して誰も攻めていないようなサイトを創っていく事が、

アクセスの大量獲得につながっていきます。

 

また、この方法は、とてもトレンドアフィリエイトの流れに似ています。

トレンドアフィリエイトは、初心者として稼ぎやすいだけではなく、

アクセスを集めるキーワードを探す練習としても大変効果のあるものです。

 

ネットで稼ぐ上では、アクセスは大変重要な要素です。

トレンドで実績作り&ブルーオーシャン探しの腕をみがき、

そこから是非他のビジネスへの可能性を模索していきましょう。