PayPalのアカウント作成方法と本人確認手続きのやり方を画像で解説 | 元サラリーマンが副業で月100万円を稼ぎ脱サラした方法!ebay輸出ビジネスの始め方

PayPalのアカウント作成方法と本人確認手続きのやり方を画像で解説

PayPalは、イーベイでビジネスを行っていく上では必須のツールです。

海外との為替取引を行うeBayですが、それをスムーズに為替決済をしてくれるのがPayPalです。

今では、190ヵ国で利用でき、21通貨以上に対応。世界中で約2億5000万のアカウントが開設されています。

それだけ普及しているので決済にはほとんど困りません。

ここではペイパルアカウントの開設方法を説明します。

PayPalアカウントの作成方法を解説

①ペイパルの「ビジネスアカウント」の登録

ペイパルのサイトより、左上の「新規登録」をクリックします。

すると、「パーソナルアカウント」と「ビジネスアカウント」を選択する画面がでるので、

「ビジネスアカウント」を選択します。

なぜビジネスアカウントを選択するかというと、パーソナルではeBayなどで販売した際の代金を受けとることができないからです。

つまり、パーソナルは購入専用なので、販売代金の受け取りが可能なビジネスアカウントを選びます。

②メールアドレス、パスワードの入力

メールアドレスを入力します。eBayで使ったものと同じでもOKです。

次にパスワードを入力します。

忘れないようにしっかりメモしましょう。

③住所、氏名、事業情報の入力

事業情報を入力します。

ここで注意ですが、姓名はローマ字で入力します。

なぜかというと、海外のショップで購入などした際に、

日本語では文字化けする可能性があるからです。

続いて、事業タイプを入力します。

法人でない場合は、基本的に個人事業主などを選択します。

続行を押して、事業情報の入力は完了です。

④ビジネス情報の入力

「ツール」の「ビジネスの設定」をクリックします。

すると以下の画面が出てくるので「本人確認手続きの~」をクリックします。

左バナーの「本人確認書類」をクリックし、本人確認書類を選択してアップロードします。

アップロードしたら、下のように「本人確認書類」と「保管書類」にチェックが付きました。

次に「アカウント登録者情報」をクリックし、入力します。

ここでも、姓名はローマ字で標記されていることを確認してください。

入力完了したら続行をクリック。

使用目的はeBayでの販売代金の受け取りなので、下記の通り「国内・海外からの支払いの受け取り」を選択しましょう。

送信後、左バナーのすべてにチェックが入りました。あとは入力終了で、数週間後になる本人確認の結果待ちにになります。

⑤メールアドレスの確認

入力したアドレスに、以下のようにPayPalからメールが送られてきます。

メールアドレスを確認するをクリックして完了です。

⑥銀行口座の入力

PayPalに入金されたお金を振り込む、連結先銀行口座情報を入力します。

トップページ「ツール」→「ビジネスの情報」→「銀行口座を登録する」をクリック。

下記フォームに口座情報を入力し、続行をクリック。

正しいか確認後「保存」をクリックします。

これで口座情報の登録は完了です。

再びトップに戻り、ビジネス情報を見ると、すべての項目にチェックがついています。

※本人確認のみ、数週間の時間がかかります。

これで、資金を銀行からPayPalに移すことができます。

つまり、PayPal決済で商品を購入できるという事です。

 

ただ、まだeBayの売り上げを「PayPalから銀行に振り込み」はできません。

なぜならペイパルロックというものがかかっているからです。

ここの外し方は、別記事で解説していきます。

コメント