eBayアカウントIDの作り方と初期設定の手順を解説 | サラリーマンが副業で月100万円の小遣いを稼いだ方法!ebay輸出ビジネスの始め方

eBayアカウントIDの作り方と初期設定の手順を解説

まずはここから、eBayアカウントの開設方法を説明します。

eBayアカウントIDの作り方

①メールアドレスを取得

eBayの登録にはメールアドレスが必要です。

フリーメールでもOKです。

もし持っていない方は、容量が多いGメールをお勧めします。

【記事】Gメールアカウントの作り方

②eBayサイトにアクセス

イーベイ公式サイトよりログインします。

その後、左上にある「registar」をクリックします↓

③必要情報を入力

すべて英語で記入します。

  • First name … 名前
  • Last name … 苗字
  • e-mail … メールアドレス
  • password … ebayで使うパスワードを入力(必ずメモ等で保存する事)

すべて入力が終わったら「Create account」をクリックして仮登録干渉です。

また、Facebookのアカウントを持っている方は、それと連携することができるので、

右側の「Continue with Facebook」より登録も可能です。

④ユーザーIDを確定させる

以前までの段階で、アカウントIDは仮の状態で発行されます。

これをそのまま使用できますが、ほとんどの方が自分の好きなアカウント名に変更したいですよね。

そこで、希望のアカウント名を作成します。

「Change Username」をクリック。

赤枠に希望のアカウントIDを入力。

もしすでに使われているようなら、警告文がでるので他のIDにしましょう。

⑤電話番号の入力

電話番号を入力します。

トップページ右上の「My eBay」をクリック。

上枠にメールアドレスが表示されます。

下枠に電話番号を入力して「Confirm」をクリックします。

左側の国旗欄は、日本を選択します。

⑥住所の入力

宅配でやり取りを行うeBayでは住所は重要です。

かならず正しい住所を入力しましょう。

「My eBay」より、「Account」タブをクリック。

「Address」をクリック。

左側の上「Registration address」の方の「Create」をクリック。

住所を入力します。

  • Email Address…メールアドレス
  • Additional Information…番地、町名、ビル、マンション名など
  • City…市区町村
  • State/Province/Region…都道府県
  • Postal Code…郵便番号
  • Mobile Number…携帯電話番号(最初の0は入力しない)

海外の場合の住所の表記方法ですが、日本とは逆で、

番地や町名などが一番最初、都道府県が最後になります。

以下のサイトで一発変換できるので、変換してから入力するようにしましょう。

JuDress | 住所→Address変換
JuDressは日本語住所を英語表記に変換するWebサービスです。実用的な変換だけでなく、実用性のないStylish変換もあります。

 

以上で、基本的なeBayの初期設定は完了です。

eBayで出品する場合には、ビジネスアカウントの登録や、PayPalとの紐づけが必要です。

こちらは別記事解説します。

コメント