インターネットで行う物販などで非常に有効とされる

ランディングページについて解説していきます。

edf80dcfc0247d3cfb18c888be68c0e5_s

ランディングページとは

ランディングページ(LP)とは、

WEB上の広告をクリックした先に表示されるページです。

 

見た目はとてもシンプルで、

上から下に読み進むにつれて内容を理解出来るレイアウト

になっているのが一般的で、

ビジネスの物販などで非常に有効とされています。

 

いきなりメインのサイトにリンクさせずに、

まずはLPを通して内容を理解してもらう事で、

売上が急伸するなどの効果が期待できるものになっています。

インターネットネットビジネスにおけるランディングページ

ではインターネットビジネスでは、

どんな時にLPを使っていくのでしょうか。

それは、主にメルマガ登録や商材を販売する時などの

「クロージング」を行う時です。

 

インターネットビジネスは多岐にわたる情報が多いため、

情報を集約してLPで

わかりやすく発信してあげる事が利益につながっていきます。

ランディングページを作るために必要なもの

ランディングページを作るためには、

なんといってもコピーライティングのスキルが重要です。

 

ここで必要な「4つのNOT」の壁を超えさせ、

読み手に読ませる文章を作成していく必要があります。

 

場合によってはLP一つで

教育、販売などを行っていかなければいけないので、

そのためのスキルも必要になってきます。

 

また、文章だけではなく、

動画や文献引用などもちりばめていく事が非常に有効です。

ランディングページの設計図

LPは、主に5つの要素で構成されています。

  • ヘッド(最重要)
  • サブヘッド
  • ブレッド
  • 保証(販売する場合のみ)
  • 追伸

これらは、それぞれが独自の役割を持っており、

読み手を文章に引き込んでいくためにどれも重要な物です。

これらについて詳しくは、動画で解説していきます。(準備中)