コピーライティングでは、目標に到達するまでに、

超えなければいけない壁が4つあると言われています。

 

これは我々コピーライターに課せられた使命であり、

持っている力を全て駆使してこれを達成する必要があります。

今回は、この4つのNOTについて解説します。

SplitShire-5602-800x500

コピーライティングの4つのNot

4つのNotは、以下のものです。

  • Not Open(開かない)
  • Not Read(読まない)
  • Not Believe(信じない)
  • Not Act(公道しない)

他にも、Not Openを除いた「3つのNot」とも言われていますが、

具体的に4つのNotとして解説します。

 

これらはセールスレターなどを書いた場合に共通して言えることで、

読み手側の目線に立った行動心理を示しています。

 

例えば、もしあなたが読み手側になって、

誰かの書いたセールスレターに出会っても、

興味がなければ中身なんて見ませんよね。

 

つまりそれらを、どのように攻略していくか。

これが、書きて側としては一番大事なのです。

では、この4つのNotを攻略していくために重要なテクニックをご紹介します。

 

Not Openを超えるためのテクニック

Not Openは、

「そもそも読んですら貰えない」

という非常に悲しい状況です。

 

これを超えるためには、

「中身を見る事で読者にメリットのある状況」

を用意する事が必要です。

  • タイトルを引き付けるものに工夫する
  • 見る事で特典を与える

など、まずは開いてもらう工夫をする事が必要です。

 

Not Readを超えるためのテクニック

Not Readは、

「開いたのに読んでもらえない」

という状況です。

 

つまり、なんらかの興味があって開いたけど、

開いた先に読む気を無くしてしまうといった理由などがあります。

 

これを打破するためには、

いかにファーストインパクトが重要であるかが大事です。

そしてそのカギは、セールスレターのヘッダー部分にあります。

 

「ヘッダーでレターの出来の8割が決まる」

というくらいにヘッダーは重要で、

レターにおいても、最も時間をかけて作り込まなければいけない部分です。

 

Not Believeを超えるためのテクニック

どんなに正しい情報でも、

いきなり「信じる」という人は、99.9%いません。

基本的に、読み手は疑って入ります。

 

私たちは発信者として、当然嘘の情報を発信してはいけません。これは論外です。

でも、世の中には嘘にまみれた詐欺商材が存在することも事実。

 

あくまで正しい情報でNot Believeを超えるためのテクニック。

それは、正しい事を「証明」する事です。

 

例えば、

有名で権威のある人から太鼓判を押してもらうと、信用度はグッと上がります。

そんなコネがない!という場合でも、文章を引用する事で、

間接的に自分の文章を肯定化し、正しい証明につなげる事ができます。

 

引用するにあたっては、引用のルールがありますので、

これに従いマナーを守って行う必要があります。

 

Not Actを超えるためのテクニック

レターも読んでもらい、信じて貰えた。

でも、最終的な目標である「購入」という行動はしてもらえない。

その理由としては、やはり金銭的なものが一番大きいです。

 

実は某大手ASPでは、決済ページに移動しても、

約半数が購入しないという統計があります。

これは、やはり金額がネックという理由からです。

 

Not Actを超えるためには、

  • 決済方法を増やす
  • 特典の充実
  • 返金保証

などがあります。

決済方法については、銀行振込のほかに、

クレジットカードや分割払いへの対応など、

多くの決済方法があればあるほど良いです。

 

特典の充実については、販売する商品以外にも得点を増やす事です。

これも量が多いほど効果があります。

また、全く関係のない特典よりは、関連した特典などを提示した方が効果があります。

 

返金保証については、これはあればいいという程度です。

当然あった方が読み手としてはありがたいです。

ですが、返金保証は必ず「身の丈」にあった程度のものにしましょう。

 

そのためにも、ただむやみに返金を謳うのではなく、

「これをして○ヵ月で○○円稼げなかったら返金します」

などの条件を付けた方がいいです。

 

ですが究極系は、

「返金保証がなくても買ってもらえるような商品」

を売っていく事が、なにより大事といえるでしょう。