ビットコインを持つためにベースとなるものが、ブロックチェーンというものです。

そもそもビットコインは、ブロックチェーンがなければなしえません。

今回は、このブロックチェーンについて解説します。

ブロックチェーンとは?ざっくりした概要を説明

ブロックチェーンとは、簡単に言えば「お財布(ウォレット)」です。

あなたの財布をイメージしてみてください。

お金=ビットコインだとすれば、財布=ブロックチェーンです。

つまりブロックチェーンは、Web上にあるビットコインを格納するための財布です。

ブロックチェーンと銀行は一緒?

実はブロックチェーンは、銀行のような働きをします。

どんなものかというと、銀行の業務でいえば「記帳」です。

 

ブロックチェーンには、すべての取引データが記載されます。

そしてそのデータを、世界のだれでも閲覧することができます。

 

「え、そんなことをしたら誰がいつ買ったかわかるんじゃ?プライバシーもないよね?」

と思ったあなた、ご安心ください。

 

ブロックチェーンに記載されるビットコインの取引は、すべて文字列となっており、

そこから相手の情報をみることはできない仕組みになっています。

 

あくまでも、取引の履歴をみるためのものであって、

個人情報を収集するものではないので、ご安心くださいね。

なぜブロックチェーンは安全なのか?

誰でも閲覧できるブロックチェーンと聞くと、

それって本当に安全なの?と思いますよね。

しかしブロックチェーンは、誰でも見ることができるからこそ安全であると言えます。

 

なぜかというと、その理由は2つあります。

①お互いが監視できて、不正ができない

ブロックチェーンは、常に誰からの目にも届くところにあります。

そして、それをマイニングしている人が、常に監視の目を届かせています。

マイニングを行っている人は、

自分の資産でもあるビットコインの暴落を望むわけがありません。

かつ、早くマイニングをすることで得られるメリットがあるので、

その手をかいくぐって不正を行うこと自体が、ほぼ100%無理なのです。

②ブロックチェーンの構造自体が、物理的に改ざん不可能

ブロックチェーンは、その名の通り「ブロック」と「チェーン」のような構造をしています。

データがつまった1MBのブロックを、チェーンで結んでデータ連結させています。

ですので、データ自体は1MBしかないので、かなり多くのブロックがあるわけです。

 

そのブロックをつないでいるのが、チェーンです。

そんなブロックチェーンの構造ですが、これが物理的に不正ができない仕組みとなっています。

なぜかというと、ブロックの末尾が、ある独特の記号をしていることがポイントです。

 

ブロックの末尾のデータ(記号)は、チェーンをつなぎとめる役目を持っています。

そして、1つのブロックの末尾を改変した場合、

それ以前のすべてのブロックの末尾データを改変しなければいけません。

2008年から取引されているビットコイン、そこまですべてのデータを改変する事、

物理的に不可能ですよね??

 

さらに、現在も取引数が急上昇しており、これから新しく作られていくブロックの数が後を絶ちません。

という事は、過去の改変を行っていくことよりも、新しく作られていくブロックのほうが、

はるかに速度が速いのです。

 

したがって、ブロックチェーンは「絶対に不正のできない仕組み」といっても、過言ではないでしょう。

 

◇おすすめのブロックチェーンは?