今ではTwitterやFacebook、

そして最近は衰えてきましたがmixiなどのSNSについては、

恐らく大半の方がやっているものだと思います。

 

そんな中、流行に敏感な人はすでに知っている人もいると思いますが、

tsu(スー)というSNSが現在注目を集めています。

 

このtsuは、今後爆発的に広まっていくSNSだと業界では言われています。

 

しかし、それは一体なぜなのか?

 

その理由は、お小遣いを稼ぐ事ができるSNSだからなんです。

そしてtsuは、まだまだ日本では普及していませんが、

(今後かならず普及するといわれています)

英語圏などではすでに爆発的に利用者が増えています。

 

さて、そんなtsuが一体流行ると言われる仕組みについて解説していきます。

 

tsuの報酬が発生する仕組みとは?

tsuはSNSです。

 

「無料で使えるSNSって一体どうやって運営できているの?」

って気になったことはないでしょうか?

それは、広告収入というもので、企業(スポンサー)から広告掲載料を貰うことで成り立っているんです。

 

例えば、Facebookの広告欄はこちらにあります。

facenavi1

そして、tsuの場合はこちらになります。

tsunavi1

tsuやFacebookは、この広告がユーザーからクリックさせることによって、
収益が発生し、これによってSNSが成り立っています。

 

ですが、 この企業広告の受け取る配分量が、
両者では決定的に違うのです。

 

そして、さらに大きな点があります。
それは、収益の行き先です。
次で詳しく見ていきましょう。

tsuで稼げる仕組みは、Facebookとの決定的な違いにあった

前項で、広告がクリックされたことによって報酬が発生する、
という仕組みを述べました。

ではどうやって、tsuを使用するユーザーが広告を使用することができるのでしょうか。
それは、以下のようなSNS側の仕組みによるものだったのです。

 

広告がクリックされた場合の広告料が、
Facebookでは100%、運営元であるFacebookに支払われます。

 

しかしtsuでは、運営元のtsuにはわずか10%しか支払われません。
そして残りの90%は、
な、なんと、広告を掲載していたユーザーで山分けできるのです。

 

とりあえずtsuに急いで登録したほうがいい理由

この記事を読んだあなたはラッキーです。
いや、むしろ急いで登録したほうがいいです。

 

なぜなら、現在tsuは「拡散期」であるためです。

 

まだ日本では流行っていないtsuは、今後爆発的に流行る事が予想されます。

ですが、流行ってしまうと何でも規制がかかってしまって大変です。

例えば、一日のフォロー数だったりと、拡散後には様々な規制が待っていることでしょう。

 

ですが、拡散期である現在は、フォローやフレンド申請などがやり放題

つまり、無法地帯とも言えるような状況なんです。

 

再度言いますが、規制がかかってからでは遅いです。

tsuを始めるなら、爆発的な流行が訪れる前の、今がお勧めです。

tsuは、Facebookの10倍のスピードで拡散しているそうです。

なので、とりあえずはすぐに登録して、友達などを増やしまくりましょう!

tsuの登録はこちらから→ https://www.tsu.co/kota6

 

登録などでわからないことがあれば、何でも沿質問ください。

また、後日別記事などで登録方法を詳しくまとめていきます。

 

とりあえず、善は急げ!ですね。